フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】

2012.09.04 自動車ニュース

【パリサロン2012】フィアットが新型「パンダ4×4」を披露

伊フィアットは、2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで新型「パンダ4×4」を公開する。

ベース車両の標準型「パンダ」が2011年にモデルチェンジしたことを受け、その派生モデルである4WDの「パンダ4×4」も新型に移行する。

ボディーサイズは全長368×全幅167×全幅160cm。4WDシステムにはフィアットが「トルク・オン・デマンド」と呼ぶ、電子制御カップリングを備えるタイプが採用される。エンジンは0.9リッターの2気筒“ツインエア”ガソリンターボ(85ps)と、1.3リッターディーゼル(75ps)の2種類。

4WD仕様のほかに今後、「トレッキング」という名のFFモデルと、メタノールとガソリンの混合燃料が使用できる「ナチュラルパワー」という仕様が設定されるという。

(webCG 竹下)

「フィアット・パンダ4×4」
「フィアット・パンダ4×4」 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

フィアットが新型「パンダ4×4」を披露【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
パンダフィアットパリモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る