日産出資のEV充電会社、10月にサービス開始

2012.09.04 自動車ニュース

ジャパンチャージネットワーク、10月にEV向け会員制充電サービス開始

日産自動車などが出資する電気自動車(EV)向け充電サービス会社「ジャパンチャージネットワーク」は2012年9月4日、EV向けの会員制急速充電サービスを10月1日に開始すると発表した。神奈川県を中心とした関東圏内50拠点でサービスをスタートする。

今回同社は、従来の日産ディーラー10拠点の充電インフラに加え、石油元売り4社が展開している充電サービス「EVサービスステーション・ネットワーク」(28拠点)とも相互乗り入れすることで合意。さらに、NEXCO東日本(4拠点)、成田国際空港(2拠点)、ファミリーマート(5拠点)、びっくりドンキー(1拠点)とも、新たな充電器および認証課金コントローラーの設置・運用について合意した。

会員には充電サービスカードを配布し、このカードを使うことで対応する充電器が使用できる。日本企業が標準化を目指す急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」に対応したEVはすべて充電可能。

利用料金はプランによって異なり、月会費は500〜4500円。1回の充電料金は282円〜600円(※成田国際空港P1/P2、NEXCO東日本の三芳PA/湾岸幕張PAは当面無料)となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。