300psの「スバル・レガシィ」に先進の安全装備

2012.09.04 自動車ニュース
「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」
「スバル・レガシィ 2.0GT DIT」に先進の安全装備

300psの「スバル・レガシィ」に先進の安全装備

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズに新グレード「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」を追加設定し、2012年9月4日に発売した。

「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」
300psの「スバル・レガシィ」に先進の安全装備

「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」および「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」は、2012年5月のマイナーチェンジを機に登場した300psのターボモデル「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT」「レガシィB4 2.0GT DIT」をベースとする新グレードだ。

今回初めて、これら二つのスポーティーグレードに、ステレオカメラを使った最新の予防安全技術である「EyeSight(ver.2)」が搭載された。「スバルが目指す、安心感あるドライビングと走る楽しさを高い次元で両立した」という。

価格は「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」が369万6000円で、「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」が353万8500円。
「EyeSight(ver.2)」が付かないモデルとの差額は、10万5000円となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る