「ダイハツ・アルティス」仕様変更 より快適に

2012.09.04 自動車ニュース

「ダイハツ・アルティス」仕様変更 より快適に

ダイハツ工業は、ハイブリッドカー「ダイハツ・アルティス」の仕様を一部変更し、2012年9月4日に発売した。

今回の仕様変更は、「ダイハツ・アルティス」のOEM供給元となるセダン「トヨタ・カムリ」の一部改良を受けてのもの

「カムリ」と同様に、クルーズコントロールやリアのプライバシーガラスが追加され、車線変更時の安全をサポートする「ブラインドスポットモニター」がオプション設定された。

ボディーカラーに「レッドマイカメタリック」が追加されたのも新しい。
価格は322万円。これまでより5万円アップした。

(webCG)

「ダイハツ・アルティス」
「ダイハツ・アルティス」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る