トヨタ、「カムリ」を一部改良

2012.09.04 自動車ニュース

トヨタ、「カムリ」を一部改良

トヨタ自動車は2012年9月3日、一部改良した「カムリ」を発売した。

今回の改良では、「ハイブリッド “レザーパッケージ”」と「ハイブリッド “Gパッケージ”」にUVカット機能付きソフトプライバシーガラス(リアサイド&バック)が標準装備となったほか、車線変更時の安全をサポートする「ブラインドスポットモニター」をオプション設定。さらに、「ハイブリッド “Gパッケージ”」にクルーズコントロールを装備するなど、機能面での向上が図られた。

「ブラインドスポットモニター」は、左右後方の車両をミリ波レーダーで検知し、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯・点滅させドライバーに注意を知らせるもの。

ボディーカラーは、新色「レッドマイカメタリック」を設定し、全8色。
価格は、「ハイブリッド」が304万円、「ハイブリッド “Gパッケージ”」は322万円、「ハイブリッド “レザーパッケージ”」は382万円。

(webCG)

新色の「レッドマイカメタリック」。
新色の「レッドマイカメタリック」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • デトロイトショー2017(その3) 2017.1.16 画像・写真 トヨタ自動車は北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/2017年1月22日まで開催)で、新型「カムリ」を世界初公開した。その姿をトヨタブースの様子と併せて画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る