クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4745×1855×1388mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(517ps/6800rpm、63.2kgm/5200rpm)/価格=1500万円(テスト車=1850万円)

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】

血の通った速さが楽しい 2012.09.02 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)
……1850万円

ただでさえスペシャルな「C63 AMG」をさらにスペシャルチューンした「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」。500psオーバーの限定車はどんなパフォーマンスを見せるのか。

つや消しブラックの迫力

異様な迫力……。猛暑日の日差しの下で対面した第一印象は、まさにそのひとことだった。「C63 AMGクーペ」をAMG自らがさらにチューンアップした“ブラックシリーズ”だ。

デビューしたのは2011年9月のフランクフルトショー。一説では800台といわれる生産台数のうち、約50台が日本にやってきた。価格はC63 AMGの「パフォーマンスパッケージ」より300万円高い1500万円。試乗車はオプション満載で1850万円に達する。そんな「Cクラス」をいったいだれが買うんだろう、なんて心配しなくても、すでに売り切れたそうです。このクルマは、「SLK」「CLK」「SL」に続く、シリーズ4作目。自宅にミニ動物園がある中東のお金持ちには、ブラックシリーズなら全部持ってるよ、なんて人もいそうである。

AMGのテクニシャンが手組みした自然吸気6.2リッターV8に、さらに「SLS AMG」用の鍛造ピストンやコンロッドや軽量クランクシャフトを組み込んだブラックシリーズのエンジンは、517ps。「C63 AMGパフォーマンスパッケージ」の487psをしのいで、大台に乗せている。そのほか足まわりやボディーなど、ノーマルとの違いを詳説すると字数を食うので、webCGの既報を読んでいただきたいが、白日の下、異様な迫力を放つ最大の要因はつや消しブラックのボディーカラーだろう。ほかにもボディー色はあるが、テーマカラーでもあるこの色のすごみといったらない。

左側のドアを開けて、車内を一瞥(いちべつ)する。Cクラスなのに、後席はない。定員2名。リアシートは40万円のオプションだ。

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
「M156」と呼ばれるAMGオリジナル設計の特製6.2リッター自然吸気V8エンジンは517psを発生させる。
「M156」と呼ばれるAMGオリジナル設計の特製6.2リッター自然吸気V8エンジンは517psを発生させる。 拡大
専用のスポーツバケットシートには真っ赤なシートベルトが組み合わされる。
専用のスポーツバケットシートには真っ赤なシートベルトが組み合わされる。 拡大
リアシートは標準装備されず、オプションで「4シーターパッケージ」(40万円)が用意される。
リアシートは標準装備されず、オプションで「4シーターパッケージ」(40万円)が用意される。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

走ってもすごみのかたまり

こう見えても、走り出すとCクラス・モンスターは意外や優等生だった、なんていう予定調和的なインプレは、このクルマにはあてはまらない。ブラックCクラスは走ってもすごみのかたまりだ。

まず、音。聞こえるのは主に排気音で、腹に響く低音だ。いや、音というよりも、音圧と表現したくなるようなこのサウンドがブラックCクラスのアツイBGMだ。

専用サスペンションに19インチのダンロップ“スポーツMAXXレース”を組み合わせた足まわりもスゴイ。動き始めた途端、公道よりサーキットのほうを向いていることがわかる。乗り心地は決して不愉快ではないが、思いっきり固いことはたしか。タイヤのせいか、メルセデスのお家芸ともいうべき「矢のような直進性」は望めず、高速道路ではステアリングホイールをしっかり保持している必要がある。ステアリングそのものは軽く、微舵応答は鋭い。

1710kgの車重はC63 AMGパフォーマンスパッケージより90kg軽く、パワーは30ps増し。0-100km/h=4.2秒の加速性能は「911カレラS」をわずかにしのぐ。「AMGパフォーマンスメディア」を起動すると、自動で0-100km/hデータがとれる。変速機は2ペダルの「AMGスピードシフトMCT-7」。ローンチコントロールを使わずとも、4.4秒が出た。しかも、スタートからたった66mで、なんてことまでわかる。

それくらい速いクルマだが、しかし決してデジタル的な、無機質な速さではない。ルックスからはじまって、遠雷のような排気音といい、いやってほど固い乗り心地といい、この「ウルトラCクラス」は、速そうでいて、速い。アナログの、血が通った速さだ。そこがすばらしいし、楽しい。

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
フロントブレーキにはコンポジットディスクを採用。キャリパーはフロントが6ピストン、リアが4ピストンとなる。
フロントブレーキにはコンポジットディスクを採用。キャリパーはフロントが6ピストン、リアが4ピストンとなる。 拡大
トップとボトムがフラットなステアリングホイールを採用する。
トップとボトムがフラットなステアリングホイールを採用する。 拡大
「AMGパフォーマンスメディア」のディスプレイ。エンジン出力/トルクのほか、さまざまな車両状態を表示することができる。
「AMGパフォーマンスメディア」のディスプレイ。エンジン出力/トルクのほか、さまざまな車両状態を表示することができる。 拡大

サーキットの匂いを嗅がせてくれる

つや消しのブラックCクラスクーペが最も輝いたのはワインディングロードを走ったときだった。終始、低い排気音を聴かせるオーバー500psのV8はフェラーリのV8とはまったく芸風が違うが、それでもAMG V8としては最も高回転を好む。

トリセツにダンパーや車高の調整方法が詳説される専用スポーツサスペンションは、たとえイージーなコーナリングでも目の覚めるような操縦感覚を与えてくれる。そこにあるのは“レーシングカーっぽさ"だ。現行の市販車のなかで、これほどサーキットの匂いがするクルマはほかにない。考えてみれば、ブラックシリーズのテーマは、F1レースのセーフティーカーである。強いサーキット臭は当然だ。

AMGパフォーマンスメディアの画面では、発生している馬力やトルクもわかる。満額517psのパワーメーターを見ていると、悲しいかな、ふだんはこの超特大パワーをどれだけ宝の持ち腐れにしているかがわかってしまう。合法的な高速巡航中などは、メーターの針がほとんど振れない。しかし、そんなときでも、サーキットの匂いを嗅がせてくれるのがブラックCクラスの魅力である。

都内から箱根へ上がり、アドレナリンドライブを楽しんで、山を下りる。車載コンピューターをチェックすると4.8km/リッターだった。燃費はそれなりだが、F1マシンだって追い越せないセーフティーカーにそんなツッコミを入れるのは野暮ってもんですか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)


メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
大型のリアウイングは「エアロダイナミクスパッケージ」に含まれるオプション。
大型のリアウイングは「エアロダイナミクスパッケージ」に含まれるオプション。 拡大

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー(designoマグノナイトブラック)=35万円/エクスクルーシブパッケージ<マットブラックペイント19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)+AMGカーボンエクステリアパッケージ(フロントスプリッター/ドアミラー/リアディフューザー/トランクリッドスポイラーリップ/サイドスカートリップにカーボンを装着)+harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム+AMGカーボンインテリアトリム>=120万円/AMGエアロダイナミクスパッケージ<カーボンフロントフリック+アジャスタブルリアウイングスポイラー+大型フロントスプリッター>=100万円/AMGトラックパッケージ<専用ハイパフォーマンスタイヤ+ディファレンシャルクーラー>=70万円/AMGパフォーマンスメディア=25万円
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー(designoマグノナイトブラック)=35万円/エクスクルーシブパッケージ<マットブラックペイント19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)+AMGカーボンエクステリアパッケージ(フロントスプリッター/ドアミラー/リアディフューザー/トランクリッドスポイラーリップ/サイドスカートリップにカーボンを装着)+harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム+AMGカーボンインテリアトリム>=120万円/AMGエアロダイナミクスパッケージ<カーボンフロントフリック+アジャスタブルリアウイングスポイラー+大型フロントスプリッター>=100万円/AMGトラックパッケージ<専用ハイパフォーマンスタイヤ+ディファレンシャルクーラー>=70万円/AMGパフォーマンスメディア=25万円 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事