【スペック】全長×全幅×全高=4745×1855×1388mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(517ps/6800rpm、63.2kgm/5200rpm)/価格=1500万円(テスト車=1850万円)

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】

血の通った速さが楽しい 2012.09.02 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)
……1850万円

ただでさえスペシャルな「C63 AMG」をさらにスペシャルチューンした「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」。500psオーバーの限定車はどんなパフォーマンスを見せるのか。

つや消しブラックの迫力

異様な迫力……。猛暑日の日差しの下で対面した第一印象は、まさにそのひとことだった。「C63 AMGクーペ」をAMG自らがさらにチューンアップした“ブラックシリーズ”だ。

デビューしたのは2011年9月のフランクフルトショー。一説では800台といわれる生産台数のうち、約50台が日本にやってきた。価格はC63 AMGの「パフォーマンスパッケージ」より300万円高い1500万円。試乗車はオプション満載で1850万円に達する。そんな「Cクラス」をいったいだれが買うんだろう、なんて心配しなくても、すでに売り切れたそうです。このクルマは、「SLK」「CLK」「SL」に続く、シリーズ4作目。自宅にミニ動物園がある中東のお金持ちには、ブラックシリーズなら全部持ってるよ、なんて人もいそうである。

AMGのテクニシャンが手組みした自然吸気6.2リッターV8に、さらに「SLS AMG」用の鍛造ピストンやコンロッドや軽量クランクシャフトを組み込んだブラックシリーズのエンジンは、517ps。「C63 AMGパフォーマンスパッケージ」の487psをしのいで、大台に乗せている。そのほか足まわりやボディーなど、ノーマルとの違いを詳説すると字数を食うので、webCGの既報を読んでいただきたいが、白日の下、異様な迫力を放つ最大の要因はつや消しブラックのボディーカラーだろう。ほかにもボディー色はあるが、テーマカラーでもあるこの色のすごみといったらない。

左側のドアを開けて、車内を一瞥(いちべつ)する。Cクラスなのに、後席はない。定員2名。リアシートは40万円のオプションだ。

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【試乗記】の画像
「M156」と呼ばれるAMGオリジナル設計の特製6.2リッター自然吸気V8エンジンは517psを発生させる。
「M156」と呼ばれるAMGオリジナル設計の特製6.2リッター自然吸気V8エンジンは517psを発生させる。
専用のスポーツバケットシートには真っ赤なシートベルトが組み合わされる。
専用のスポーツバケットシートには真っ赤なシートベルトが組み合わされる。
リアシートは標準装備されず、オプションで「4シーターパッケージ」(40万円)が用意される。
リアシートは標準装備されず、オプションで「4シーターパッケージ」(40万円)が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る