アルファ・ロメオ、世界に3台の「TZ3」を展示

2012.08.31 自動車ニュース

アルファ・ロメオ、世界に3台の「TZ3」を展示

フィアット クライスラー ジャパンとイタリアファッションブランドのコスチューム ナショナルは2012年8月31日より、東京・青山にあるCoSTUME NATIONALの店舗に併設された展示スペースにて、世界で9台のみ生産される特別モデル「アルファ・ロメオ TZ3 ストラダーレ」を展示するイベント、「CoSTUME NATIONAL × Alfa Romeo Welcomes TZ3 Stradale to JAPAN」を開催する。

「アルファ・ロメオ TZ3 ストラダーレ」はアルファ・ロメオの創業100周年と、イタリアのカロッツェリアであるザガートの創業90周年を記念して生産されるスペシャルモデル。デザインはザガートのチーフデザイナー原田則彦氏が手がけた。608psと77.5kgmを発生する8.4リッターV10エンジンをフロントに搭載する。

展示されるのはこれまでに生産された3台のうち、2番目に生産された車両で、特別にインテリアをCoSTUME NATIONALの創業者でデザイナーのエンニョ・カパサ氏がデザインしたもの。

イベント開催を前に、オープニングレセプションが8月30日に行われ、原田則彦氏とエンニョ・カパサ氏によるトークショーや、ギタリストのTAKUYA氏によるミニライブが披露された。
また、会場には新色が追加された「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」も展示されていた。

イベントは9月17日まで、港区南青山の「CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex」で開催される。

(文と写真=工藤考浩)

「アルファ・ロメオ TZ3 ストラダーレ」
「アルファ・ロメオ TZ3 ストラダーレ」
(写真=フィアット クライスラー ジャパン)
(写真=フィアット クライスラー ジャパン)
(写真=webCG)
(写真=webCG)
ザガートのチーフデザイナー原田則彦氏。
ザガートのチーフデザイナー原田則彦氏。
左からTAKUYA氏、フィアット クライスラー ジャパン・マーケティングディレクターのティツィアナ・アランプレセ氏、原田則彦氏、エンニョ・カパサ氏。
左からTAKUYA氏、フィアット クライスラー ジャパン・マーケティングディレクターのティツィアナ・アランプレセ氏、原田則彦氏、エンニョ・カパサ氏。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。