「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売

2012.08.30 自動車ニュース

「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売

本田技研工業は2012年8月30日、福祉車両の「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」「ホンダN BOX+カスタム 車いす仕様車」を発売した。

ホンダの「N BOX+ 車いす仕様車」および「N BOX+カスタム 車いす仕様車」は、軽乗用車の「N BOX+」と「N BOX+カスタム」をベースに、介助者が車いすの積み込みを容易に行えるようカスタマイズされた福祉車両だ。
ラゲッジボードの組み換えなどによりさまざまな荷室アレンジを可能とし、レジャー用途に強みを見せる「N BOX+」だが、そもそもの開発意図は「車いすを積めること」。今回の車いす仕様車は、その点“本命”とも言えるモデルである。

ベース車両と異なる装備は、車体後部から車いすを導き入れるための折りたたみ式スロープや、電動式のウインチベルトなど。乗車後に車いすを固定するためのベルトやフック類も完備する。
インテリアの形式は大きく2種類に分かれており、通常4人掛けで車いす積載時のみ後席を折りたたむタイプと、もとから後席のない「リアシート無しタイプ」が用意されている。

ホンダでは、ベース車両を車いす仕様車に変更するための“後付けキット”も年内に発売する予定だという。

ボディーカラーは、「N BOX+ 車いす仕様車」が全9色(インテリアカラー:ベージュ)で、「N BOX+カスタム 車いす仕様車」が全7色(同:ブラック)。

車両価格に消費税は課税されず、下は「N BOX+ 車いす仕様車 G リアシート無しタイプ」(FF車)の143万円から、上は「N BOX+カスタム 車いす仕様車 G」(4WD車)の185万5000円までとなっている。

(webCG 関)

「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」
「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」 拡大
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像 拡大
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像 拡大
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像 拡大

関連キーワード:
N-BOX+カスタムN-BOX+ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダから軽二輪のニューモデル「CB250R」が登場 2018.3.8 自動車ニュース ホンダが軽二輪のニューモデル「CB250R」を発表。“新世代CBシリーズ”に属する250ccクラスのネイキッドロードスポーツモデルで、市街地での普段使いからワインディングロードまで、幅広いシチュエーションで走りを楽しめるバイクとなっている。
ホームへ戻る