「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売

2012.08.30 自動車ニュース

「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売

本田技研工業は2012年8月30日、福祉車両の「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」「ホンダN BOX+カスタム 車いす仕様車」を発売した。

ホンダの「N BOX+ 車いす仕様車」および「N BOX+カスタム 車いす仕様車」は、軽乗用車の「N BOX+」と「N BOX+カスタム」をベースに、介助者が車いすの積み込みを容易に行えるようカスタマイズされた福祉車両だ。
ラゲッジボードの組み換えなどによりさまざまな荷室アレンジを可能とし、レジャー用途に強みを見せる「N BOX+」だが、そもそもの開発意図は「車いすを積めること」。今回の車いす仕様車は、その点“本命”とも言えるモデルである。

ベース車両と異なる装備は、車体後部から車いすを導き入れるための折りたたみ式スロープや、電動式のウインチベルトなど。乗車後に車いすを固定するためのベルトやフック類も完備する。
インテリアの形式は大きく2種類に分かれており、通常4人掛けで車いす積載時のみ後席を折りたたむタイプと、もとから後席のない「リアシート無しタイプ」が用意されている。

ホンダでは、ベース車両を車いす仕様車に変更するための“後付けキット”も年内に発売する予定だという。

ボディーカラーは、「N BOX+ 車いす仕様車」が全9色(インテリアカラー:ベージュ)で、「N BOX+カスタム 車いす仕様車」が全7色(同:ブラック)。

車両価格に消費税は課税されず、下は「N BOX+ 車いす仕様車 G リアシート無しタイプ」(FF車)の143万円から、上は「N BOX+カスタム 車いす仕様車 G」(4WD車)の185万5000円までとなっている。

(webCG 関)

「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」
「ホンダN BOX+ 車いす仕様車」
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像
 
「ホンダN BOX+」の“車いす仕様車”発売の画像

関連キーワード:
N-BOX+カスタムN-BOX+ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN BOX G Lパッケージ/N BOXカスタム G Lパッケージ【試乗記】 2012.1.18 試乗記 ホンダN BOX G Lパッケージ(FF/CVT)/N BOXカスタム G Lパッケージ(FF/CVT)
    ……143万9750円/164万9750円

    子育てママをターゲットに、これまでにない室内空間とシートアレンジでライバル車に挑むホンダの新型軽「N BOX」。現役ママのスーザン史子がその使い勝手と走りを試した。
ホームへ戻る