クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4845×1925×1795mm/ホイールベース=2915mm/車重=2220kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=750万円(テスト車=898万6000円)

メルセデス・ベンツML350 4MATICブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)【試乗記】

“メルセデス嫌い”にもおすすめ 2012.08.30 試乗記 メルセデス・ベンツML350 4MATICブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)
……898万6000円

メルセデス・ベンツのSUV「Mクラス」が3世代目に進化して日本上陸。その実力を、3.5リッターV6エンジンを積む主力グレードで試した。

全部乗せのゴージャスなM

2012年6月末に新型「メルセデス・ベンツMクラス」が日本に導入された時に、うれしかったことがふたつ。
ひとつは、ギンギラギンだった先代のルックスが、さり気なくやさしくなったこと。「Mクラス」は泣く子も黙る名家のご子息で、体格にも恵まれている。「どないだー!」と威圧するよりも、スマートに振る舞うほうが似合う。
もうひとつは価格の引き下げ。今回試乗した新開発3.5リッターV6ガソリンエンジンを積む「ML350 4MATICブルーエフィシェンシー」は、同じ排気量のエンジンを積む従来型より6万円お求めやすい750万円に設定された。

ところが待ち合わせ場所に現れた試乗車を見てガーン……。ギンギラギンではないけれど、ちょっと悪いオトーサンの胸元を飾る極太チェーンのように、フロントスポイラーがギラリ。価格表を見れば、ほとんど900万円!
65万円のAMGスポーツパッケージ、45万円のコンフォートパッケージなどなど、総額148万6000円のオプションを装着した仕様だったのだ。近所のもんじゃ焼き屋さんのメニューでいえば、ホタテとエビと明太子(めんたいこ)と豚バラが入った“スペシャル”だ。

明太子とモチとチーズのシンプルなもんじゃを期待していたのでややがっくりきたけれど、運転席に座ってなるほどと思う。
前夜の予習で、新型Mクラスは従来型とほぼ同じ体形を維持していることは知っていた。新型のほうが2cm長くなっているものの、2915mmのホイールベースは変わらない。

先代から引き継いだかなりの大柄ボディーなのに、いざ乗ってしまえばボディーの四隅がつかみやすいのだ。外から見た時の「でかっ!」という印象は、運転席に座ると「思ったより扱いやすい」に変わる。
そして走りだすと、「すごく扱いやすい!」に変わる。

1997年に初代モデルが登場して以来、全世界で約120万台以上が販売されるヒット作となった「Mクラス」。今回試乗した最新型は3代目となるモデルである。
1997年に初代モデルが登場して以来、全世界で約120万台以上が販売されるヒット作となった「Mクラス」。今回試乗した最新型は3代目となるモデルである。 拡大
テスト車は、セットオプション「AMGスポーツパッケージ」を装備。エクステリアは、一段とスタイリッシュなフロントスポイラーやサイド&リアスカート、19インチAMG5スポークアルミホイールなどでドレスアップされる。
テスト車は、セットオプション「AMGスポーツパッケージ」を装備。エクステリアは、一段とスタイリッシュなフロントスポイラーやサイド&リアスカート、19インチAMG5スポークアルミホイールなどでドレスアップされる。 拡大
外観や走行フィーリングと同様に、インテリアもさらに洗練された。手元の「COMANDコントローラー」で、カーナビその他を直感で操作できるのは最近のメルセデスの流儀だ。
外観や走行フィーリングと同様に、インテリアもさらに洗練された。手元の「COMANDコントローラー」で、カーナビその他を直感で操作できるのは最近のメルセデスの流儀だ。 拡大
ヘッドランプユニットの中には緩やかな弧を描くLEDのポジショニングランプが配され、その個性を引き立てる。
ヘッドランプユニットの中には緩やかな弧を描くLEDのポジショニングランプが配され、その個性を引き立てる。 拡大

いい仕事してます

新型Mクラスに搭載されるエンジンは、3.5リッターのV6直噴ガソリンと、3リッターのV6ディーゼルターボ、そしてAMG仕様の5.5リッターV8ツインターボの3種類。今回試乗したのは、メルセデス・ベンツとしては第3世代にあたる3.5リッターのガソリン直噴エンジンを積む仕様だ。
最新の直噴エンジンのウリは、アイドリングストップ機構や効率を高めた7段AT「7Gトロニック プラス」との連携プレーで実現した燃費性能だ。JC08モード燃費では、従来型より42%(!)も優れた10.4km/リッターを記録している。けれども実際にアクセルペダルを踏んだり戻したりして感じ入るのは、親しみやすい性質だ。

発進スタートから巨体をじんわり押し出す力強さがあるから、市街地でのストップ&ゴーの連続も涼しい顔でこなす。アイドリングストップからの再始動も素早く、ナチュラルで気に障らない。
高速巡航では静かさが光り、追い越し時にちょこっと回転を上げる時の滑らかな回転フィールも心地いい。そしてワインディングロードなどで上まで回した時には、爽やかに抜けるフィーリングと、朗らかな音を楽しむことができる。効率や耐久性、快適性が大幅に向上したという7段ATとともに、どんな場面でもいい仕事をする。

状況を問わず、いい仕事をするのは足まわりも同じ。
タウンスピードでもゴツゴツを伝えるようなことは一切なく、例えば工事で掘り起こした直後の荒れた路面の凸凹もまったりからめとるように走る。高速では車高の高さを忘れさせるくらいどっしりと据わりがいい。「SUVにしては」という前置き抜きに、快適だ。ルックス同様、乗り味も大幅に洗練された。

さすがにワインディングロードでは、楽しいとは言い難い。けれどもステアリングホイールを切った角度に応じてステアリングギア比が変わるダイレクトステアリングの効果か、タイトコーナーで慌ててステアリングホイールを切る量を増やす「おっとっと」の失態を演じることもない。

ただし、エンジンや足まわりが扱いやすいというのは、ほとんどすべてのメルセデス・ベンツに共通する特徴だ。では、このクルマならではの個性は何か?

新世代の3.5リッターV6直噴ガソリンエンジンは、従来のものより34psアップの306psの最高出力を発生。ほかに、258psの3リッターV6直噴ディーゼルターボ、524psの5.5リッターV8ツインターボもカタログに名を連ねる。
新世代の3.5リッターV6直噴ガソリンエンジンは、従来のものより34psアップの306psの最高出力を発生。ほかに、258psの3リッターV6直噴ディーゼルターボ、524psの5.5リッターV8ツインターボもカタログに名を連ねる。 拡大
インテリアの様子。写真に見られる「AMGスポーツステアリング」と「AMGスポーツシート」は、セットオプションに含まれるもの。
インテリアの様子。写真に見られる「AMGスポーツステアリング」と「AMGスポーツシート」は、セットオプションに含まれるもの。 拡大
高速道路を行く「ML350 4MATICブルーエフィシェンシー」。リアまわりのデザインもLED式のコンビネーションランプなどで新しさが表現されている。
高速道路を行く「ML350 4MATICブルーエフィシェンシー」。リアまわりのデザインもLED式のコンビネーションランプなどで新しさが表現されている。
拡大
荷室の容量は、最大で2010リッターが確保される。(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、最大で2010リッターが確保される。(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大

使い切ってナンボのクルマ

特に五感を刺激するわけではないけれど、1000km級のグランドツーリングや10年10万km的使い方をした時にじわじわと効いてくる、メルセデス・ベンツの長所をML350 4MATICブルーエフィシェンシーも備える。

ただしそういった機械的特徴をSUVというパッケージングで包むと、不思議とプレミアム感よりツール感が前面に出る。
ありがたい高級品というより、使い切ってナンボの上等な実用品だ。

しかも、夏のドライの試乗では、その魅力の半分しか味わえていない。無敵の四駆システム「4MATIC」は、さらにコンディションが悪いところで真価を発揮するはずだ。
人や荷物を満載してのゲリラ豪雨の高速や雪道で4MATICの恩恵に浴した時、ML350 4MATICブルーエフィシェンシーの“道具感”はさらに増すだろう。

どこにメルセデス・ベンツの魅力を感じるかは人それぞれ。「安全性が高いところ」と答える人もいれば、「リセールバリューの高さ」と答える人もいる。ML350 4MATICブルーエフィシェンシーに関して言えば、「よくできた道具であるところ」だと思う。そういう意味では、メルセデス嫌いのためのメルセデス、ともいえるかもしれない。
ただし「メルセデス嫌いのためのメルセデス」としてお薦めするにあたっては、高価なオプションを装着しない仕様をガシガシ使うというのが前提だ(しつこい)。

(文=サトータケシ/写真=峰 昌宏)

本国にはエアサス仕様も用意される「Mクラス」。日本仕様は、AMGモデルを除きコイルスプリングのみとなる。
本国にはエアサス仕様も用意される「Mクラス」。日本仕様は、AMGモデルを除きコイルスプリングのみとなる。 拡大
後席は9段階のリクライニング機能付き。6:4の分割可倒式になっており、前方に倒せば荷室の容量を拡大できる。
後席は9段階のリクライニング機能付き。6:4の分割可倒式になっており、前方に倒せば荷室の容量を拡大できる。 拡大
【テスト車のオプション装備】
ダイヤモンドホワイト(メタリックペイント)=18万6000円/パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)=20万円/AMGスポーツパッケージ<Mercedes-Benzロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント・リア)+AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)+19インチAMG5スポークアルミホイール+プライバシーガラス(後席左右・ラゲッジルーム)+ブラックポプラウッドインテリアトリム+AMGスポーツステアリング(ナッパレザー)+AMGスポーツシート(ナッパレザー/本革)+ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付き)+designoブラックルーフライナー+フロアマット(“Mercedes-Benz”ロゴ付き)>=65万円/コンフォートパッケージ<キーレスゴー+前席シートヒーター+メモリー付きパワーシート+電動ランバーサポート+電動チルト&テレスコピックステアリング+イージーエントリー(ステアリング)+リバースポジション機能付きドアミラー(助手席側)+EASY-PACKフィックスキット+EASY-PACK自動開閉テールゲート+セーフティネット>=45万円
【テスト車のオプション装備】
ダイヤモンドホワイト(メタリックペイント)=18万6000円/パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)=20万円/AMGスポーツパッケージ<Mercedes-Benzロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント・リア)+AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)+19インチAMG5スポークアルミホイール+プライバシーガラス(後席左右・ラゲッジルーム)+ブラックポプラウッドインテリアトリム+AMGスポーツステアリング(ナッパレザー)+AMGスポーツシート(ナッパレザー/本革)+ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付き)+designoブラックルーフライナー+フロアマット(“Mercedes-Benz”ロゴ付き)>=65万円/コンフォートパッケージ<キーレスゴー+前席シートヒーター+メモリー付きパワーシート+電動ランバーサポート+電動チルト&テレスコピックステアリング+イージーエントリー(ステアリング)+リバースポジション機能付きドアミラー(助手席側)+EASY-PACKフィックスキット+EASY-PACK自動開閉テールゲート+セーフティネット>=45万円 拡大

関連キーワード:
Mクラスメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事