【スペック】全長×全幅×全高=4845×1925×1795mm/ホイールベース=2915mm/車重=2220kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=750万円(テスト車=898万6000円)

メルセデス・ベンツML350 4MATICブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)【試乗記】

“メルセデス嫌い”にもおすすめ 2012.08.30 試乗記 メルセデス・ベンツML350 4MATICブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)
……898万6000円

メルセデス・ベンツのSUV「Mクラス」が3世代目に進化して日本上陸。その実力を、3.5リッターV6エンジンを積む主力グレードで試した。

全部乗せのゴージャスなM

2012年6月末に新型「メルセデス・ベンツMクラス」が日本に導入された時に、うれしかったことがふたつ。
ひとつは、ギンギラギンだった先代のルックスが、さり気なくやさしくなったこと。「Mクラス」は泣く子も黙る名家のご子息で、体格にも恵まれている。「どないだー!」と威圧するよりも、スマートに振る舞うほうが似合う。
もうひとつは価格の引き下げ。今回試乗した新開発3.5リッターV6ガソリンエンジンを積む「ML350 4MATICブルーエフィシェンシー」は、同じ排気量のエンジンを積む従来型より6万円お求めやすい750万円に設定された。

ところが待ち合わせ場所に現れた試乗車を見てガーン……。ギンギラギンではないけれど、ちょっと悪いオトーサンの胸元を飾る極太チェーンのように、フロントスポイラーがギラリ。価格表を見れば、ほとんど900万円!
65万円のAMGスポーツパッケージ、45万円のコンフォートパッケージなどなど、総額148万6000円のオプションを装着した仕様だったのだ。近所のもんじゃ焼き屋さんのメニューでいえば、ホタテとエビと明太子(めんたいこ)と豚バラが入った“スペシャル”だ。

明太子とモチとチーズのシンプルなもんじゃを期待していたのでややがっくりきたけれど、運転席に座ってなるほどと思う。
前夜の予習で、新型Mクラスは従来型とほぼ同じ体形を維持していることは知っていた。新型のほうが2cm長くなっているものの、2915mmのホイールベースは変わらない。

先代から引き継いだかなりの大柄ボディーなのに、いざ乗ってしまえばボディーの四隅がつかみやすいのだ。外から見た時の「でかっ!」という印象は、運転席に座ると「思ったより扱いやすい」に変わる。
そして走りだすと、「すごく扱いやすい!」に変わる。

1997年に初代モデルが登場して以来、全世界で約120万台以上が販売されるヒット作となった「Mクラス」。今回試乗した最新型は3代目となるモデルである。
1997年に初代モデルが登場して以来、全世界で約120万台以上が販売されるヒット作となった「Mクラス」。今回試乗した最新型は3代目となるモデルである。
テスト車は、セットオプション「AMGスポーツパッケージ」を装備。エクステリアは、一段とスタイリッシュなフロントスポイラーやサイド&リアスカート、19インチAMG5スポークアルミホイールなどでドレスアップされる。
テスト車は、セットオプション「AMGスポーツパッケージ」を装備。エクステリアは、一段とスタイリッシュなフロントスポイラーやサイド&リアスカート、19インチAMG5スポークアルミホイールなどでドレスアップされる。
外観や走行フィーリングと同様に、インテリアもさらに洗練された。手元の「COMANDコントローラー」で、カーナビその他を直感で操作できるのは最近のメルセデスの流儀だ。
外観や走行フィーリングと同様に、インテリアもさらに洗練された。手元の「COMANDコントローラー」で、カーナビその他を直感で操作できるのは最近のメルセデスの流儀だ。
ヘッドランプユニットの中には緩やかな弧を描くLEDのポジショニングランプが配され、その個性を引き立てる。
ヘッドランプユニットの中には緩やかな弧を描くLEDのポジショニングランプが配され、その個性を引き立てる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る