新型「メルセデス・ベンツSL65 AMG」発売

2012.08.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSL65 AMG」
  新型「メルセデス・ベンツSL65 AMG」発売

新型「メルセデス・ベンツSL65 AMG」発売

メルセデス・ベンツ日本は2012年8月29日、ラグジュアリーロードスター「SLクラス」に最上級モデル「SL65 AMG」を追加し、発売した。


 新型「メルセデス・ベンツSL65 AMG」発売

2012年3月にフルモデルチェンジされた、メルセデス・ベンツの「SLクラス」。ラインナップは、これまで3.5リッターV6の「SL350ブルーエフィシェンシー」、4.7リッターV8ツインターボの「SL550ブルーエフィシェンシー」、5.5リッターV8ツインターボの「SL63 AMG」の3モデルのみで、旧型「SLクラス」に存在した6リッターV12ツインターボの「SL65 AMG」は用意されておらず、今回の追加で“復活”した。

「SL65 AMG」に搭載される6リッターV12ツインターボエンジンは新設計のターボチャージャー、燃焼システム、吸排気システムを採用し、最高出力630ps、最大トルク102.0kgmを発生する。旧モデルに対し、最大トルクは変わらないものの、最高出力は18psアップしている。
ボディーは他の「SLクラス」と同じくアルミ製で、「SL63 AMG」同様カーボンコンポジット素材を使用したトランクリッドを採用するなどし、旧モデルより約170kg軽量化されている。
また、伝達効率が高められた7段オートマチックの「AMGスピードシフトプラス」や「ECOスタートストップ機能」の採用などにより、燃費の向上も図られた。

エクステリアには専用のラジエーターグリルやエグゾーストエンドを採用。インテリアにはダイヤモンドステッチを施したレザーを使用するなどし、「SL65 AMGならではの贅(ぜい)を尽くし上質を極めた」(プレスリリース)という。
価格は3050万円。ハンドル位置は左のみ。

(工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る