ディーゼルエンジン搭載の「BMW 5シリーズ」発売

2012.08.29 自動車ニュース
「BMW 5シリーズ」(写真は海外仕様車)
ディーゼルエンジン搭載の「BMW 5シリーズ」発売

ディーゼルエンジン搭載の「BMW 5シリーズ」発売

BMWジャパンは2012年8月29日、クリーンディーゼルエンジンを搭載するセダン「BMW 523dブルーパフォーマンス」およびワゴン「BMW 523dブルーパフォーマンス ツーリング」を発売した。 デリバリーは2012年9月に始まる見込み。

「BMW 5シリーズ ツーリング」
ディーゼルエンジン搭載の「BMW 5シリーズ」発売

2012年8月22日に「BMW 320dブルーパフォーマンス」の受注が始まったのに続き、上位モデルである「5シリーズ」についても、クリーンディーゼルエンジン搭載車が発売された。

エンジンは、「3シリーズ」に用いられるのと同じ、2リッターの直列4気筒ディーゼルターボ。184ps/4000rpmの最高出力と、3.5リッターのガソリンエンジンに匹敵するという38.7kgm/1750-2750rpmの最大トルクを発生する。

16.6km/リッターの燃費値(JC08モード)は、同じエンジンを積む「320dブルーパフォーマンス」の19.4km/リッターには及ばないものの、2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載する「528i」の13.6km/リッターや「523i」の14.2km/リッターよりも優れたものとなっている。

そのほか、燃費に貢献する機能としては、「ブレーキエネルギー回生システム」や「エンジン・オート・スタート/ストップシステム」、「ECO PROモード付きのドライビング・パフォーマンス・コントロール」などを装備。

10.2インチディスプレイ付きのHDDナビゲーションシステムやiDriveコントローラー、リアビューカメラ、クルーズコントロール、ハンズフリー・テレフォン・システム、ETC車載器など、快適装備も多数与えられる。

価格は以下のとおり。セダン、ワゴンともに、ガソリンエンジン車である「523i」の23万円高となっている。

・523dブルーパフォーマンス(FR/8AT):633万円
・523dブルーパフォーマンス ツーリング(FR/8AT):663万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る