「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

2012.08.28 自動車ニュース
「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」。現行型としては初めて250万円を切る249万円とされた。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

「フォルクスワーゲン・ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

フォルクスワーゲン・グループ ジャパンは2012年8月28日、「ゴルフ」シリーズの一部装備を見直し、新たに「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」ならびに「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」として発売した。

仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。 拡大
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。 拡大
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。 拡大

装備が見直されたのは、従来の「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」と「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」。仕様変更に伴い、車名も改められた。パワートレインについては従来型を踏襲し、見直しはない。

車両価格は「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」が249万円で、「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」が279万円。

<主要装備の変更点など>
●「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」
・レザーステアリングホイールおよび15インチアルミホイール(継続採用)
・ファブリックスタンダードシート(仕様変更)

●「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」
・マルチファンクションステアリングホイール(パドルシフト+オーディオコントロール付き:新規採用)
・LEDダークテールランプ(新規採用)
・16インチアルミホイール(デザイン変更)

なお、7代目に当たる新型ゴルフが、2012年9月末に開催されるパリモーターショーなどで公開される可能性が高い。熟成した現行型を手に入れたいなら、これが最後のチャンス?

(webCG 竹下)

「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。 拡大
16インチアルミホイールのデザインも変更された。
16インチアルミホイールのデザインも変更された。 拡大

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
ホームへ戻る