「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

2012.08.28 自動車ニュース
「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」。現行型としては初めて250万円を切る249万円とされた。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

「フォルクスワーゲン・ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

フォルクスワーゲン・グループ ジャパンは2012年8月28日、「ゴルフ」シリーズの一部装備を見直し、新たに「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」ならびに「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」として発売した。

仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。

装備が見直されたのは、従来の「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」と「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」。仕様変更に伴い、車名も改められた。パワートレインについては従来型を踏襲し、見直しはない。

車両価格は「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」が249万円で、「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」が279万円。

<主要装備の変更点など>
●「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」
・レザーステアリングホイールおよび15インチアルミホイール(継続採用)
・ファブリックスタンダードシート(仕様変更)

●「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」
・マルチファンクションステアリングホイール(パドルシフト+オーディオコントロール付き:新規採用)
・LEDダークテールランプ(新規採用)
・16インチアルミホイール(デザイン変更)

なお、7代目に当たる新型ゴルフが、2012年9月末に開催されるパリモーターショーなどで公開される可能性が高い。熟成した現行型を手に入れたいなら、これが最後のチャンス?

(webCG 竹下)

「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
16インチアルミホイールのデザインも変更された。
16インチアルミホイールのデザインも変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る