「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

2012.08.28 自動車ニュース
「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」。現行型としては初めて250万円を切る249万円とされた。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

「フォルクスワーゲン・ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

フォルクスワーゲン・グループ ジャパンは2012年8月28日、「ゴルフ」シリーズの一部装備を見直し、新たに「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」ならびに「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」として発売した。

仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。

装備が見直されたのは、従来の「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」と「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」。仕様変更に伴い、車名も改められた。パワートレインについては従来型を踏襲し、見直しはない。

車両価格は「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」が249万円で、「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」が279万円。

<主要装備の変更点など>
●「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」
・レザーステアリングホイールおよび15インチアルミホイール(継続採用)
・ファブリックスタンダードシート(仕様変更)

●「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」
・マルチファンクションステアリングホイール(パドルシフト+オーディオコントロール付き:新規採用)
・LEDダークテールランプ(新規採用)
・16インチアルミホイール(デザイン変更)

なお、7代目に当たる新型ゴルフが、2012年9月末に開催されるパリモーターショーなどで公開される可能性が高い。熟成した現行型を手に入れたいなら、これが最後のチャンス?

(webCG 竹下)

「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
16インチアルミホイールのデザインも変更された。
16インチアルミホイールのデザインも変更された。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る