「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

2012.08.28 自動車ニュース
「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」。現行型としては初めて250万円を切る249万円とされた。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

「フォルクスワーゲン・ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

フォルクスワーゲン・グループ ジャパンは2012年8月28日、「ゴルフ」シリーズの一部装備を見直し、新たに「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」ならびに「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」として発売した。

仕様変更を受けた「トレンドライン」のファブリックシート。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更
「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」。従来型より10万円安価な279万円に。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更
ステアリングがマルチファンクションタイプに変更された。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

装備が見直されたのは、従来の「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」と「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」。仕様変更に伴い、車名も改められた。パワートレインについては従来型を踏襲し、見直しはない。

車両価格は「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」が249万円で、「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」が279万円。

<主要装備の変更点など>
●「ゴルフTSIトレンドライン マイスターエディション」
・レザーステアリングホイールおよび15インチアルミホイール(継続採用)
・ファブリックスタンダードシート(仕様変更)

●「ゴルフTSIコンフォートライン マイスターエディション」
・マルチファンクションステアリングホイール(パドルシフト+オーディオコントロール付き:新規採用)
・LEDダークテールランプ(新規採用)
・16インチアルミホイール(デザイン変更)

なお、7代目に当たる新型ゴルフが、2012年9月末に開催されるパリモーターショーなどで公開される可能性が高い。熟成した現行型を手に入れたいなら、これが最後のチャンス?

(webCG 竹下)

「コンフォートライン」のダークテールランプがLED式に。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更
16インチアルミホイールのデザインも変更された。
「ゴルフ6」が最後(?)の仕様変更

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る