オーテック、「ノート ライダー」を9月に発売

2012.08.28 自動車ニュース

オーテック、「日産ノート」のカスタムカー「ライダー」を発売

日産自動車の関連会社 オーテックジャパンは2012年8月28日、新型「ノート」をベースとしたカスタムカー「ライダー」を設定し、9月3日に発売すると発表した。

新型「ノート ライダー」は、専用の装備で内外装をドレスアップしたカスタムカーだ。「日産ノート」の「X」「X DIG-S」「X FOUR」グレードをベースに、専用フロントグリルや光輝モール付きの専用フロントバンパー、専用アルミホイールなどを採用することでエクステリアに華やかさをプラス。インテリアには格子柄の専用シート地やドアトリム、本革巻きのステアリングホイールを採用し、スポーティーな雰囲気を演出している。

主な特別装備の内容は以下のとおり。

・専用フロントグリル
・専用フロントバンパー(光輝モール付き)
・専用15インチ光輝アルミホイール&185/65R15 88Sタイヤ
・サイドシルプロテクター
・リアアンダープロテクター
・専用エンブレム(Rider/AUTECH)
・専用シート地(格子柄ニット)
・専用ドアトリム(格子柄ニット)
・本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーフィニッシャー)

<オーテック扱いオプション>
・ピアノ調センタークラスターフィニッシャー+シルバーフィニッシャー(シフトベース)+オゾンセーフフルオートエアコン(プッシュ式、デジタル表示)+外気温度計(メーター内ディスプレイ):4万2000円(※「X」ベース車を除く)
・専用ルーフスポイラー:5万7750円
・専用スポーツマフラー(FUJITSUBO製):5万7750円(※FF車のみ)

価格は、「X」ベースの「ライダー」が154万350円、「X DIG-S」ベースの「ライダー」は174万900円、「X FOUR」ベース車は179万8650円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る