「リアフォグランプって何?」

2001.08.15 クルマ生活Q&A その他

「リアフォグランプって何?」

多くのヨーロッパ車には、リアフォグなるランプが テイルランプの片側に付いています。これの用途は何ですか? (OYさん)

お答えします。ヨーロッパでは、霧が濃いときの追突事故を減らすため、1975年に「バックフォグランプ」の装着が義務付けられました。

日本でも、たまに点灯させている人を見かけます。しかし、暗いからといって、霧も出ていないのにフォグランプをつけるのはやめましょう。なぜなら、リアフォグはブレーキランプと同等の明るさがあるため、「ブレーキランプがいつ点灯しているのかわからない」という弊害が出るためです。

リアファグを使うのは、霧で視界が悪いときだけにしましょう。