「タイヤの替え時はいつですか」

2001.08.01 クルマ生活Q&A タイヤ・ホイール

「タイヤの替え時はいつですか」

2リッターのファミリーセダンに乗っています。スポーティな走りとは無縁です。1万キロごとにローテーションして、5万キロほど走りましたが、タイヤの片減りもありません。ただ最近、タイヤエッジの減りが目立ってきました。タイヤ性能の劣化をみきわめるにはどうしたらよいでしょうか?(お名前がありません)

お答えします。「 2リッターファミリーセダンでスポーティな走りに無縁」と聞いただけで、大事にされているのだと実感します。1万キロごとのタイヤローテーションということですから4本均一に減っているのでしょう。しかしタイヤが減ったり古くなると、乗り心地と制動力に影響がでます。

タイヤが減って乗り心地が悪くなったという経験をお持ちのかたは少なくないと思います。タイヤはいわゆる「山」の部分でも路面からの衝撃を吸収してくれます。そこで「山」が減ってくると、ゴツゴツ感が出ます。さらに年月が経つとタイヤが硬くなり、乗り心地はより悪化します。

ゴムは硬くなると減りにくくなります。「減りにくいならいいじゃない」と思う人もいるかも知れませんが、これは違います。硬いゴムは路面の食いつき(グリップ)がよくないので、ブレーキを踏んだときに止まりにくくなるからです。一般的にはグリップ力の高い高性能のタイヤは柔らかく、減りも早いのです。

5万キロでまだスリップサインが出ていないということですが、タイヤはけっこう硬くなっていると思われます。タイヤの山の付け根あたりには少しヒビが入っているのではないでしょうか。それとタイヤワックスなどが付いていない状態で色つやを見て下さい。色つやがなければ硬くなっている証拠です。

乗り方や保管状態、タイヤの種類によっても寿命はかなり違ってきますから一概には言えませんが、現在履いているタイヤを良く見るということが大事です。快適に安全に乗るためには早いうちに変えてみてはどうでしょうか。