「タイヤの正しい選び方」

2001.10.09 クルマ生活Q&A タイヤ・ホイール

「タイヤの正しい選び方」

僕は1990年型CR-X1.5Xに乗っています。約8万km走っているのですが、とても気に入っており、最近ダンパーとブッシュを純正品に交換しました。そろそろタイヤも交換したいと思っています。スポーツ走行はあまりせず、通学(片道約10km)、街乗り、そして実家のある千葉県までの帰省(片道約600km、名神、東名、首都高を利用)に使用しています。この1年間で約2万km走りました。また、純正指定は175/65R14 82Hなのですが、速度記号を変えるという方法については、どう思いますか。(OTさん)

お答えします。タイヤ選びの基本とは、純正に準じたサイズにするということです。加えて、使用条件に応じて変えることもありえます。もし質問者が、もっと乗り心地をよくしたいのであれば、現在はややハイスピード志向のHR規格なので、それをややスピード域の低いSR規格に変更するという方法も考えられます。

SRを履いた場合、ハンドリングはずいぶんと違ってきます。乗り心地は多少ソフトになるでしょうが、タイヤがよじれることから、ダイレクト感は薄れるでしょう。

値段のことは気にせずに、乗り心地とそこそこのスポーティ性の両立をというのなら、同じHR規格でも高級車によく取り付けられている銘柄のタイヤなどはいかがでしょうか。私の経験から言うと、この手のタイヤは衝撃を緩和し、ロードノイズも少なく、そこそこのグリップ性能がありますので、クルマに負担をかけずにハンドリングを維持することが出来ます。

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!