「ブレーキのかけ方は?」

2001.12.09 クルマ生活Q&A ブレーキ

「ブレーキのかけ方は?」

ブレーキをかけるときに、自分はほとんどの場合で, ポンピング(断続的にペダルを踏みかた)を使います。その方がパッドの減りを抑えられる感じがするからです。実際には、停止位置までブレーキを踏みっぱなしの場合と、どちらがブレーキに対していいのでしょうか。 (東京・STさん)

お答えします。ポンピングブレーキはおすすめできません。なぜかというと、ポンピングでのブレーキコントロールは非常にアバウトで、しかも急激にパッドやキャリパーに負担がかかり変形量も多くなることから、ディスクやパッドの面が均一に減らなくなり、効きが悪くなるからです。

バキュームブースター(真空倍力装置)を使用しているブレーキを素早くポンピングすると、内部の負圧が少なくなり真空倍力装置の役割が小さくなります。結果としてブレーキペダルが重くなり、同じ踏力でもブレーキの効きが悪くなってしまいます。

パッドの減りなどを気にせずにドライビングをすることが、ブレーキやクルマにも良いのです。