第454回:ヤマダ電機にIKEAも顔負けのクルマ屋? ノルかソルかの新商法「ガリバーWOW!TOWN」

2012.08.27 エッセイ

第454回:ヤマダ電機にIKEAも顔負けのクルマ屋?ノルかソルかの新商法「ガリバーWOW!TOWN」

クルマ選びのテーマパーク!?

いやビックリ。最近元気がないといわれるニッポン、若者のクルマ離れも叫ばれるこの国で、久々ヤングの、それもある意味“青くさい賭け”とでも言いたくなる意欲的クルマ新ビジネスに出会っちゃいましたわ。そ、ガリバーが始めた画期的自動車販売ネットワーク「WOW!TOWN」(ワオタウン)。青くさいもの好きの小沢としては、まずはこのヤル気だけで大拍手よ!

ガリバーはご存じ中古車買い取り最大手で、今までも「ドルフィネット」などのサイトで仕入れた中古車を売ってたけど、今後さらに伸びるためには……と新たな販売スタイルを模索。そこまではわかるし、よくあるハナシっちゃハナシなんだけど、結果出来上がった手法がマジですごい。

「目指したのはクルマ選びのテーマパーク。具体的に言うと、自動車版のヤマダ電機+カカクコム+IKEAって感じです。今まで買いに来られなかった方がターゲットです」

とは店舗開発をリードするマーケティング責任者の北島さん。この方、入社4年目の弱冠35歳ってのもいいが、発想がまたいい。

確かに今までの自動車セールス、特に中古車店はなんだかんだ敷居が高かった。クルマ全般はもちろん、中古車特有の問題、年式や走行距離や内装のヤレなど、結構詳しいか、カンどころがわかった人でないと来られない場所だった。

ところが現実に車種名はもちろん、排気量ってなに? 軽と小型車ってどう違うの? 「ヴィッツ」と「フィット」ってなんだっけ? っていう女性および初心者ユーザーはザラにいるわけで、それどころか北島さんいわく「クルマ文化が死滅していく中、そういう人はますます増える」と、ごもっともな指摘。要するにWOW!TOWNはそういう購入超ビギナーを真っ向ターゲットにした新時代のビジネスなのだ。

中古車のテーマパーク「WOW!TOWN幕張」。2012年7月14日にオープンしたばかり。
中古車のテーマパーク「WOW!TOWN幕張」。2012年7月14日にオープンしたばかり。
クルマ情報を眺めながらくつろげる「WOW!CAFE」。各種ドリンクが楽しめる。
クルマ情報を眺めながらくつろげる「WOW!CAFE」。各種ドリンクが楽しめる。
IKEA風(?)なラウンジやキッズスペースなど、充実したアメニティー施設が自慢。
IKEA風(?)なラウンジやキッズスペースなど、充実したアメニティー施設が自慢。
マーケティングチームリーダーの北島さん。
マーケティングチームリーダーの北島さん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』