「エンジンの保管方法は?」

2000.12.04 クルマ生活Q&A エンジン

「エンジンの保管方法は?」

私は30年ぐらい前のイギリス車をもっています。去年2月にキャブレターを修理に出したので、エンジンをかけることができなくなっています。その間にどんどんエンジン内部が悪い状態になっていくような気がします。なにかよい保管方法があれば教えていただきたいのですが。(YTさん)

お答えします。たしかにエンジンは悪い状態になる可能性があります。ただし保管状態によってですが。キャブレターを外してしまうと、インテークマニフォルドから吸気バルブまでふさぐものが無くなってしまうので、エンジン内部にゴミや湿気が混入しやすくなります。

ゴミをシャットアウトするためには、原始的な方法がいちばんです。インテークマニフォルドの部分にボロ布を押し込んで、そのうえからビニールなどで被えばだいじょうぶです。その際、スパークプラグの穴からエンジンオイルを少し注入しておくと、ピストンリングとシリンダーがサビついたり、癒着したりするのを防ぐ対策となります。

キャブレターが戻ってきてから、エンジンをかけるには手順があります。エンジンオイルを交換し、スパークプラグを外し、数秒のあいだを置いてクランキングをし、クランクシャフトのベアリングやシリンダーを「馴染ませて」から、スパークプラグを取り付け、そしてエンジンを始動させてください。