「エンジンオイルが黒かった...」

2001.02.01 クルマ生活Q&A エンジン

「エンジンオイルが黒かった...」

クルマを購入後、ほぼ5000キロごとにエンジンオイルをディーラーで交換してきました。エレメントも1万キロごとに交換してきました。ところが今回、ディーラーでオイル交換をしてもらい、自宅でオイルをチェックしてみると、交換前とほとんど変わりないくらい黒かったのですが、こういうことはあるのでしょうか。ディーラーなので信用はしているのですが...。(HTさん)

お答えします。オイル交換したあと、少し走っただけなのに黒く汚れるのはよくあることです。エンジンオイルには、混合気が燃焼したときに発生する煤やデポジット(カーボンなど)をとりこむ「清浄分散性」という作用があり、またエンジン内部の汚れを洗い流す成分も入っているため、その働きにより黒く汚れるのです。

とくに良質のオイルはこれらの性能にも優れていますから、短期間で黒くなることも充分考えられるのです。

もし、それでもディーラーに対する疑念が消えないなら、彼らは必ず顧客のサービス記録を保管していますから、それを確認してもらうという手もあります。オイルの状態もメカニックに見てもらうとよいでしょう。決していやな応対はしないはずです。万が一、ユーザーに対して不適切な対応であればそのようなディーラーは見切りをつけたほうがよいのではないでしょうか。