第34回:介護に最適なクルマって……そりゃあ4ドアでしょ!? −『最強のふたり』

2012.08.27 エッセイ

第34回:介護に最適なクルマって……そりゃあ4ドアでしょ!?『最強のふたり』

障害者の富豪とスラム出身の青年

首から下が麻痺(まひ)した男と、彼を介護する青年の話である。“それがどうしてクルマ映画なんだ?”と不審に思われるかもしれない。そう考えるのが普通だろう。しかし、この作品では確かにクルマが重要な役割を担っている。それどころか、クルマが人間にとって持つ大切な役割、さらにはスポーツカーの素晴らしさを大いにアピールする映画だったのだ。

パリのサンジェルマン・デ・プレに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、車いすで生活を送っている。パラグライダーの事故で脊髄を損傷し、動かせるのは首から上だけなのだ。24時間常に見守る必要があり、住み込みの介護者を募集する。真面目そうな応募者が面接に訪れる中に、明らかに場違いな青年が混じっていた。スラム出身の黒人ドリス(オマール・シー)である。彼は、失業手当を受給するために必要な不採用証明書を手に入れにきただけなのだ。

しかし、フィリップはなぜかドリスを気に入り、翌朝また来るようにと言う。働く気などなかったドリスだが、用意された個室を見て心変わりする。広いベッドに専用のバスルーム。これまでの生活ではありえなかった豪華なすみかが手に入るのだ。

強盗で服役したこともあるドリスにとっては、すべてが別世界である。部屋にはファインアートが飾られ、クラシック音楽が流れるが、彼が好きなのはアース・ウインド&ファイアーなのだ。

© 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
© 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

第34回:介護に最適なクルマって……そりゃあ4ドアでしょ!? −『最強のふたり』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。