重厚で濃密、サーブ9-5グリフィンの乗り味

1999.03.05 自動車ニュース
 
 
990305_016.gif

重厚で濃密、サーブ9-5グリフィンの乗り味(3/5)

サーブ9-5シリーズに新たに追加された「グリフィン3.0t」に試乗した。3リッターV6ターボエンジンを搭載した最高級グレードだ。

1999年モデルから追加された「サーブ9-5グリフィン3.0t」は、「9-5」シリーズの最高級グレードで、3リッターV6DOHC低圧ターボユニットを搭載している。このエンジンは、ひとつのターボチャージャーをV6ユニットの前バンクだけに設けて作動させ、6つのシリンダーすべてに加給するという、世界初の「非対称ターボ」ユニットを採用している。最高出力は200ps/5000rpm、最大トルクは31.6kgm/2500rpmだ。

独特の北欧モダンデザインで統一されたその室内は「グリフィン3.0t」においては良質な本革シートやウッドパネルが与えられて、重厚な雰囲気をかもし出している。車内には本革の香りが濃密にこもっている。日本に輸入される車は右ハンドル仕様のみだが、ペダルのレイアウトや運転ポジション、ブレーキのタッチに違和感はなく、自然に運転できる。

ユニークな形状のシートは大ぶりでかけ心地がいい。「グリフィン3.0t」には、座面と背面の中に電動ファンが仕込まれていて、背中と太腿の湿気を取り除くという「ベンチレーテッドシート」が採用されている。今回は短時間の試乗だったので、その効果のほどはあまり実感できなかったけれど、筆者は汗かきなので、こういう装備はあるとうれしい。

走り出してみても「グリフィン3.0t」は重厚な感じである。乗り心地はどっしりしていて、そのパワーにふさわしく足まわりは固めだ。しかし前席、後席とも不快な突き上げはない。とくに後席はレッグスペースも、頭の上も、体のわきも空間がゆったりしていて、とても快適だ。ただ、個人的には「2.3t」の柔らかくしなやかな乗り心地の方が、より好ましく思えた。

V6ターボエンジンはごく低い回転域から十分以上なトルクを発生させるので、たいへん乗りやすい。高速道路を比較的速いペースで走っていても、3000rpm以下で事足りでしまうほどである。高速安定性はすばらしく、風切り音も少ないので、うっかりするとスピードが出すぎてしまうくらいだ。

そのエンジンは踏み込んでゆけばモリモリと力を増してゆくが、回転の上昇はあまりスムーズでなく、ガサガサした印象がつきまとう。だからあまり回さないで、出力200ワットの高級オーディオでいい音楽でも聴きながら、スマートに走行したほうが、静かだし、快適でいい。

ステアリングフィールは自然で、リニアな感覚をドライバーに与えてくれる。勾配のきつい箱根ターンパイクを走ってみると、速いペースで、コーナーを安心してクリアできる。ただし「2.3t」と比べると、ややノーズヘビーな感じがして、軽快感には欠けるようだ。

というわけで「サーブ9-5グリフィン3.0t」は、その乗り味もインテリア同様、重厚で濃密な感じのするクルマだった。「2.3t」が若くてはつらつとした好青年という感じだとすると、「グリフィン3.0t」は実力や地位も向上したけれど、お腹も出てきて、ちょっと脂っぽくなったもと好青年といった感じである。ちなみに価格は580.0万円。メルセデスのEクラスを買うよりは「独自の価値観を持った、個性派の自分」をアピールできることは間違いないだろう。

「9-5」シリーズは、とても個性的で、上質なクルマでした。ひさびさに「いいものに乗った」と思えた1台です。くどいですが、個人的には「2.3t」のほうがより好ましいと思いましたが。同時に発売された「2.3tエステート」の試乗記は追ってお届けします。(Web CG スヤマ)

 
 
関連記事
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売 2004.12.2 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、サーブの2005年モデル「9-3スポーツセダン」「9-3カブリオレ」「9-5セダン」「9-5エステート」全12車種を、2004年12月4日に発売する。内容は装備面での小変更が主だ。
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)【試乗記】 2003.4.19 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)
    ……415万円

    2003年2月8日から日本での販売が開始された新型「サーブ9-3」。3/5ドアのハッチバックボディから4ドアボディに変更された。上級モデル「アーク2.0t」に自動車ジャーナリスト金子浩久が試乗する。


  • Tとt、新型サーブ9-3はどう違う? 1998.12.16 自動車ニュース 「サーブ9-3」の1999年モデルに、山梨県河口湖周辺で試乗した。今回からエンジンがすべて2リッター・ターボに統一されたのが特徴だ。加給圧の違いで「T」と「t」が設定されている。「サーブ9-3」シリーズ1999年モデルの大きな特徴は、2リッター直4DOHC低圧ターボエンジンを搭載する「2.0t」がセダン、カブリオレともに設定されたことだ。これにより、2.3リッター直4の「2.3i」が生産中止となり、我が国に輸入されているサーブ車はすべてターボつきとなった。また今回からオートエアコンが全車に標準装備となっている。まず、新しいロープレッシャーターボエンジンを搭載する「9-3 2.0t」(340.0万円)に乗ってみた。154ps/5500rpmの最高出力と22.3kgm/3600rpmの最大トルクを発生するエンジンは、低回転域から十分なトルクがあり、そこからフラットにトルクを発生させる。ターボラグもほとんど感じられず、扱いやすさが印象に残った。ただしエンジンノイズはやや大きく、回転の感触にも価格相応の質感が不足している感じがした。また、中低速でステアリング中立付近の不感帯がやや大きいのが気になったけれど、これは馴れてしまえば気にならなくなる程度のことだ。室内の居心地のよさはサーブのよき伝統だ。モダンなデザインのフロントシートは小ぶりだが、クッションの硬さと柔らかさのバランスがちょうどよくて、かけ心地はよい。後席は決して広くはないけれど、大人2人なら十分にくつろげる。さらに「包まれ感」の強い室内造形とあいまって、洞窟の中にいるような独特の安心感がある。サスペンションの設定は柔らかめで快適なのだが、荒れた路面ではリアサスペンションの突き上げが大きく、後席に座っていると落ち着かないのが少し気になった。つぎに「9-3 SE 2.3T」(395.0万円) にも試乗してみた。こちらは同じ直4DOHCターボながらブースト圧を高めたモデルだ。最高出力は185ps/5750rpm、最大トルクは23.5kgm/2000rpmとなっている。低圧ターボ版と比べるとさすがにパワーに余裕があり、追い越し加速でイライラするようなことはない。2000rpm以下の回転域こそ相対的にトルクが細い感じがするものの、そこから上では豊かなトルクをフラットに発生する。信号グランプリでカタルシスを得たりするようなタイプではないが、高速道路をクルーズしたりするには気持ちのよいエンジンだ。タイヤサイズは「小文字のt」が195/60VR15に対して大文字のT」では205/50ZR16に拡大されている。そのせいなのかサスペンションの設定に多少の変更があるのか、「大文字のT」のほうは低速域でこそ細かな凹凸を拾うけれど、時速80kmを越えるあたりから乗り心地がしっとりと落ち着いてくる。そこから時速140kmあたりまでがこのクルマのいちばん得意とする速度域だろう。そのミズスマシのように軽快で滑らかな走行感覚は、さすがに航空機メーカーの作ったクルマだなあという感じがした。「小文字のt」と「大文字のT」の価格差は55万円。装備の差としてはエンジンとタイヤ/ホイール、ウッドパネル、リアスポイラー程度である(本革シート、サンルーフなどはともにオプション設定)。そう考えると個人的には「小文字のt」で十分じゃないか、と思う。あるいは「大文字のT」のほうをさらにスポーティな設定にするとか、2つのグレードのキャラクター分けをもう少し明確にしたほうがよいのではないか、と思われた。 ちなみに試乗会場には1999年はじめに導入される「9-5シリーズ」の追加モデル、「9-5グリフィン3.0t」と、「9-5SE 2.3t エステート」も展示されていた。とくにサーブとしてはひさびさのワゴンとなるエステートは、デザインが個性的で、使い勝手もよさそうだった。早く乗ってみたいものです。(Web CG スヤマ)
  • サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)【試乗記】 2008.3.7 試乗記 サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)
    ……615万9000円

    フロントマスクが大胆で力強い印象になった新型「サーブ9-3」。スポーツサスペンション搭載のトップグレード「エアロ」で乗り心地を試す。
  • サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)【ブリーフテスト】 2003.4.1 試乗記 ……415.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る