スマートは近未来から来たコミューター?

1999.03.08 自動車ニュース
 
 
990308_018.gif

スマートは近未来から来たコミューター? (3/8)

メルセデスとスウォッチの共同開発による小型車「MCCスマート」に乗りました。軽自動車より小さなボディに、600ccターボエンジンを搭載したユニークなスタイルの2人乗りです。

170センチ、80キロの僕は決してスマートではありませんが、「スマート」という名前のクルマに乗ってみました。ダイムラーベンツ(当時)と、時計のスウォッチで有名なSMH社が共同出資して設立したマイクロコンパクトカー(MCC)社が1997年に発表した2人乗りの小型車で、フランス東部、ロレーヌ地方の工場で作られています。

全長は軽自動車より900mmも短い2500mmで、全幅は1515mm、全高は1529mm。ホイールベースは1812mmです。リアに積まれたエンジンは600cc3気筒SOHC+ターボで、最高出力が45psのものと55psのものがあり、後輪を駆動します。今回試乗したのは、55psの高級グレード「パルス」に、本革シートやアルミホイール、エアコンを加えた豪華仕様「リミテッドI」というグレード。輸入元のオートトレーディングでは235.0万円で販売しています。

雑誌などでスマートを見た人の中には「窮屈そう」と思った人もいるでしょう。ところが乗ってみると、その室内は見た目ほど狭くないのに驚きます。シートを一番後ろまで下げた状態では、ブレーキペダルに足が届かないぐらいです。しっかりとした作りのシートは面圧分布が良く、ナイロン製メッシュのバックレストは、トランポリンに背中を押し付けているような心地よさがあります。

600ccの3気筒ターボエンジンは低回転域からトルクがあり、車重が680kgと軽いせいもあって、スマートは意外と軽快に走ります。トランスミッションは、出力のロスを減らすために、電気的な信号でクラッチを制御する6段セミオートマチック。スムーズなシフトができるように、アクセルを緩めないままで変速ができるようになっています。ただし変速のレスポンスは、特にすばらしいというほどではありません。

なにせ全長が2メートル半しかありませんから、このクルマにハンドリングや乗り心地のよさを求めるのはヤボに近いものがあります。乗り心地はかなり硬めです。重心が高く、全長が短くて、幅も広くはないし、そのスペースのほとんどを居住空間に使っているスマートのパッケージングでは、サスペンションに十分なストロークを与えられないし、不安なく走らせるには足回りを硬くするしか方法がなかったのでしょう。足回りの硬さによる乗り心地の悪化を、シートのクッションで補っていますが。

ステアリングはギア比がスローで、一所懸命回さないと思った通りに曲がってくません。ただ背が高く、幅が狭いうえ、ロールをほとんどしないスマートの設定をかんがみるに、ギア比をクイックにしてしまうとターンインがシャープになりすぎます。そうすると高速走行のレーンチェンジなどで危険性が増すから、それを回避したのでしょう。

時速100キロ近辺のスピードで継ぎ目の多い日本の高速道路を走行すると、路面からの突き上げが強くて疲れます。道路工事などで路面がかなり荒れていると、スマートはピョンピョン跳びはねてしまいます。見た目と相まって、カエルになった気分です。

「このクルマは道路が現在よりももっと整備された、未来的な環境で走らせたら、そのよさを発揮するのにな」。スマートに乗って、そう思いました。あるいは、懐かしのスパイ映画「それゆけスマート」に登場させるのもいいかもしれません。ふだんは交通の流れにそってヘラヘラ走っているのですが、尾行や追跡のときは、オモチャのような内装のボタンや、キノコっぽいタコメーターをひねるとレーダー装置が出てきたり、高速走行時にはホイールベースが延びる、というのはどうでしょうか。(リポート=松本英雄)

 
 

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る