シフトが痛快、「アルファ156 セレスピード」

1999.03.19 自動車ニュース
 
 
990319_041.gif

シフトが痛快、「アルファ156 セレスピード」(3/19)

2種類の新世代オートマチックを装備した「アルファ156」に試乗した。いずれもマニュアル操作が可能だ。まず「2.0ツインスパーク セレスピード」の試乗記から。

今回、あらたに「156 2.0ツインスパーク」に搭載された「セレスピード」は、ひとことでいうと「クラッチ操作と、変速を自動化した5段MT」です。いわゆるマニュアルモード付ATとは異なり、クラッチはMT車と同じように存在し、電子制御で油圧アクチュエーターを動かすことによって、つないだり離したりしています。また、ギアの変更も、通常のリンケージによる手動式ではなく、電子制御による油圧アクチュエーターが行っています。さらに、「シティ」モードを選択すれば、通常の5段ATと同様に、自動変速もしてくれます。

このシステムは、フェラーリF355 F1に採用されたものを、さらに進化させたものです。エンジンの回転数やスロットル開度、速度などの情報がEPU(総合制御システム)に伝えられ、状況が診断されて、クラッチ操作が自動的に行われます。それゆえ、レブリミットまで回せば自動的にシフトアップするし、ある程度強いブレーキングをすれば、自動的にシフトダウンする安全機構もついています。

操作は、一般のフロアシフトのギアレバーに相当する「ジョイスティック」か、ステアリングホイールに取り付けられた、「+」「−」のボタンによって行われます。エンジンをスタートさせると、ポジションはニュートラルになっています。ブレーキを踏みながらジョイスティックを前に倒すと、1速に入ります。そのままアクセルを踏んでゆけば、コンピューターの制御によって、最小限の半クラッチ操作が行われ、クルマはスムーズに発進してゆきます。

時速10km/h以上になると、はじめてステアリング上でシフトアップ/ダウンが可能になります。発進のさいは、クラッチがつながるのにやや時間がかかるので、ATのクリープのような発進はできません。坂道などではブレーキを踏みながら操作する必要があります。

ボタンを押してからシフトが完了するまでの時間は、予想外に速くて驚きました。ちなみに通常の走行でシフトに要する時間は1秒から1.5秒。これは平均的なドライバーがシフトに要する時間より、速いかもしれません。さらに「セレスピード」は、高回転域でアクセルを開けているような状況では、変速時間が約0.4秒から0.5秒に短縮されます。スポーツドライビングをしていても、変速のタイムラグに悩まされることはありませんでした。

「セレスピード」のすばらしい所は、アクセルを踏んだままでも、シフトアップする時にはクルマが適度にアクセルを緩め、シフトダウンする時には、エンジンの回転数を合わせるために、適度にアクセルを開けて「中ぶかし」を入れてくれることです。とくに、シフトダウンの時の「フォン、フォン」という「中ぶかし」は、タイミングといい量といい音といい、まさに絶妙で、さすがに「ドライビング経験豊かな人たちが作ったシステムだな」と感心しました。

実際のところ、「セレスピード」はシフトダウンがとても上手なので、一般的なドライバーなら、MT車を運転するより、クルマそのものを、よりうまく、より速く、確実に運転することができるようです。フィアットオートのあるスタッフの話では、同じ人が156のMTとセレスピードでサーキットを走れば、セレスピードの方があきらかにタイムが向上するということです。

さらに嬉しかったのは、シフトアップのさいにドライバーが自分の意志でアクセルを緩めたり、シフトダウンの時に「中ぶかし」を自分で入れたりすると、シフトがよりスムーズになることです。つまり、ドライバーの積極的な運転に対する意志も受け入れてくれる、懐の深さがある。さすがアルファだと思いました。

「シティモード」を選択してみると、そのレスポンスやシフトスケジュールの完成度は、5段ATとしてはまあ合格点だと思いました。面白かったのは、シティモードで走っていてシフトダウンをしたくなり、ギアを落とすと、とたんにマニュアルモードに変わることです。「やる気になったらすばやく対応するぞ」という意思表示のようで、好感が持てました。

ただ、官能的で上質なエンジンや、「セレスピード」の完成度はすばらしかったのですが、サスペンションのセッティングには少々がっかりしました。これは本国でいうところの「スポーツパッケージ」が装着されているそうで、ショックアブソーバーやブッシュが固めの設定になっています。

ところが、とくにタイトなコーナーなどで、初期のロールは安定しているのですが、ロールが一定の領域を超えると、唐突に、やや不安感を与えるようなアライメント変化が起きるのです。また、ちょっとした段差でも不快な突き上げがあり、荒れた路面でハンドルが取られたりもします。この点が改善されれば、156セレスピードは文句なしのスポーツサルーンになるのに、と思いました。ちなみに価格は、マニュアル仕様の22万円高の381万円です。(報告=松本英雄+Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る