名前も新たに「フィアット・プント」発売

2012.08.23 自動車ニュース

「フィアット・プント エヴォ」あらため「プント」発売

フィアット クライスラー ジャパンは、ハッチバック車「フィアット・プント」を2012年9月1日に発売する。

フィアットの「プント」は、「プント エヴォ」の名で扱われてきた5ドアハッチバック車の、最新モデル。このたび、全世界的にモデル名が「プント」に統一されたうえ、内外装に化粧直しが施されて発売されることとなった。

新型「プント」では、バンパーの形状が変更されるとともに、その色も黒からボディー同色へと変更。「さらにスポーティーで洗練されたスタイルになった」とアピールされる。
ボディーサイズは「プント エヴォ」と同一で、全長×全幅×全高=4080×1685×1495mmの、ホイールベース=2510mm。

インテリアには、カスティーリョ製のスポーツシートや、レザーステアリング、レザーシフトノブなどを採用。ストーンエンボス加工を施したインストゥルメントパネルと相まって、より質感の高い室内に仕上がっているという。

エンジンはこれまでと変わらず、77ps/6000rpmと11.7kgm/3000rpmを発生する1.4リッターの直列4気筒。ATモード付きの5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」が組み合わされる。アイドリングストップ機構が備わっており、10・15モードで15.7km/リッターの燃費を記録する。

安全面では、合計七つのエアバッグを装備。加速時のホイールスピンを制御するASR(アンチ スリップ レギュレーション)やコーナリング中の挙動を安定させるESP(エレクトロニック スタビリティー プログラム)、コーナリングランプ機能付きのフロントフォグランプなども標準で備わる。

日本で扱われる「フィアット・プント」は、「ラウンジ」と呼ばれるグレードのみ。ボディーカラーは全てメタリックで、新色のアランチャとグラムロックブルーのほか、イージーリスニングホワイト、クロスオーバーブラックの計4色から選択できる。価格は230万円。

(webCG 関)

「フィアット・プント」(写真のボディーカラーはアランチャ)
「フィアット・プント」(写真のボディーカラーはアランチャ)
こちらは、グラムロックブルーのボディーカラーのもの。
こちらは、グラムロックブルーのボディーカラーのもの。
インテリアの様子。ハンドル位置は右のみとなる。
インテリアの様子。ハンドル位置は右のみとなる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る