ルマン速報、予選はアウディ1−2−3で終了

2000.06.16 自動車ニュース
000616_039.gif

ルマン速報、予選はアウディ1−2−3で終了(6/16)

予選2日目。今日もルマンは真夏のような暑さだった。昨日の予選1日目は、アウディが1、2、3位独占で、圧倒的な速さを見せつけたが、タイム的には、去年のトヨタより遅く、アウディ自身がテストデイに出したタイムにも及ばなかった。2日目はどこまでタイムを伸ばせるのか、注目された。

午後7時、定刻どおりセッションがスタート。走り始めて見ると、意外にもタイムアップするマシンが少なくない。アウディは昨日にせまるタイムを出し、最終的には8、9号車が、昨日のトップタイムを塗りかえる36秒台に入れてきた。9号車は前半残り時間わずかになってから36秒124というタイムを出し、アウディの中でトップ、ということはポールポジションを獲得した。アウディは経験豊富な9人のドライバーを信じて、チームオーダーは全く出さなかったという。

ペイノズ勢は、エンジンを決勝用に載せかえており、基本的には今日のセッションはアタックをかけない方針である。アメリカのペイノズ・ワークスチームで走る加藤寛規選手に同行して、ペイノズ・チームのアメリカン・ルマンシリーズを追っている宮坂エンジニアは、昨日のセッションをふりかえって、「クルマとしては、もっと良いタイムが出ると思った。テストデイではアメリカのワークスチームは、予選用タイアを履いていなかったし、空力も直してきたのにタイムが伸びない。ひとつにはテストデイのあとコースが一部改修されて、縁石が高くなりショートカットができなくなって、タイムが落ちているようだ」と語っている。また特に気温が高く、路面が滑りやすかったことも、タイムが伸びない原因のようだ。燃料満タンで決勝用のセットアップに徹しており、タイムアップは果たさず、11号車以外は12号車が8位へ順位を下げている。

いっぽう日本のペイノズ、テレビ朝日チームは、ピットでのマシンのメインテナンス作業に遅れが出て、セッションが始まって1時間ぐらい出走できなかった。走行開始となると、まず鈴木利男選手がセットアップに専念して走る。しかし前半終了間際に23号車がエンジンに不調をきたしてしまう。後半のセッションで、影山正美選手がアタックする予定だったが、残念ながらエンジンを載せかえることになり、今日の残りのセッションは走れなくなった。22号車もセッションのはじめは走れなかったが、走り始めると特に問題はなく満タン走行を続けた。予選順位は1日目よりも下げて、12、13番手となった。決勝にむけてのセットアップなど、充分に走行できたとはいえないようだが、あとは土曜スタートの本番を待つのみだ。

日本勢では昨日、LM-GTクラス6位につけていたチームタイサンのGT3Rは、ミュルザンヌで、タイアバーストからコースアウト、横転してマシンを大きく壊してしまう。復旧作業に入るが、決勝までにマシンが完璧な状態に戻ることを期待したい。GT3Rはどのクルマも軒並みタイムアップしており、予選順位はクラス9位となっている。

また寺田陽次郎選手のWR・LMPが、LMP675クラス6台中5位で予選通過。初日はセッティングを出すのに苦労したが、クルマが仕上がってきて、2日目は充実した走行ができた模様。同じクラスのライバルとなるレイナードROC・VWが、キャディラックの遅いクルマをしのぐほど速く、決勝は焦らず、クルマをこわさずにゴールしてクラス上位入賞をめざしたいところだ。

今日のセッションでは、デンマークチームのクルマ以外、タイムを伸ばせなかったペイノズをのぞくと、上位のほとんどのチームがタイムを更新した。プライベーターのマシーンの伸びも著しく、ペイノズ11号車のすぐうしろ5番手にチーム・ラファネリのローラB2K/10が39秒台をマーク、6番手にクラ−ジュC60が39秒917、レイナードもそのうしろ7位につけている。この3台はいずれもジャッド・エンジンを搭載する。また今年の2大ワークスのひとつ、キャディラックもさすがにしぶとくタイムを伸ばしてきて、フランスのDAMSチームの3号車は、42秒台でシングルの9位となり、アメリカチームの1号車も11位に入ってきた。またGTSクラスはトップのヴァイパーは変わらないが、2、3位がコーヴェットとなり、決勝ではクライスラー対GMのスポーツカーの好勝負が期待できそうだ。

月曜の車検から好天に恵まれ、暑いルマンとなっているが、決勝は果たしてどんなコンディションとなるか。ルマンは24時間たって、日曜夕方4時のゴールを迎えるまで結果はわからない。決勝は日本時間の土曜夜11時スタート。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。

リポート=武田 隆
写真=須藤章一

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!