新型シビック発表

2000.09.14 自動車ニュース
 
 
000914_024.gif

新型シビック発表(9/14)

室内スペースを追求していくと、ミニバンルックに行き着くのか。かつて「走り好き」の若者の胸を焦がしたホンダ・シビックは、今回、まず胴長の5ドアハッチと4ドアセダン「フェリオ」が、9月14日、市場にリリースされた。

■ボディサイズは大きく変わらず
7代目にあたる新型シビックは、初代のMM(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)思想、つまり「ヒトのためのスペースを最大化し、メカニズムはコンパクトに」との考えに立ち返り、「スマートコンパクト」を開発コンセプトとした。
とはいえ、5ドアハッチの全長×全幅×全高=4285×4695×1495mm、4ドアセダンが4435×1695×1440mmと、ボディサイズは先代と大差ない。新開発のプラットフォームながら、4ドアのホイールベースは先代と同じ2620mm。ハッチバックは、20mm延長された2680mmである。

■ショートノーズ&フラットフロア
居住性の向上は、ショートノーズ、ビッグキャビンのボディスタイルによって果たされた。
そのため、エンジンを、エアクリーナー、レゾネーターチャンバーなどをサイドから上部に移動することでコンパクト化、かつフロントバルクヘッド寄りに搭載。搭載位置変更の邪魔になるステアリングギアボックスは、ハイマウント化された。鼻先が短くなったため、前面衝突時の衝撃吸収のため井桁サブフレームを採用。これは、スバル・インプレッサも取り入れた手法だ。
また、樹脂製燃料タンクの形状、マフラーのサイレンサーの位置などを工夫することで、床下を整理し、センタートンネルのないフラットフロアを実現。ハッチバックでは、アヴァンシア同様ATシフターをセンターコンソールに移し、足踏み式パーキングブレーキを採用することで、前後シート間のウォークスルーを可能にした。ホンダ、ミニバンコンセプトをすっかり自家籠中のものに。

■「環境」技術になったVTEC
エンジンは、1.5SOHC(105ps、13.8kgm)、1.5VTEC(115ps、14.2kgm)、同リーンバーン(105ps、14.2kgm)、そして1.7VTEC(130ps、15.8kgm)の4種類。1.5VTECリーンバーンユニットは、低回転域では2本ある吸気バルブの1本を休ませ、燃焼室内に混合気のスワール(渦巻き)を形成するよう工夫された。CVT(ホンダマルチマチックS)と組み合わされ、10・15モード=20km/リッター(フェリオiE)を達成したという。VTEC、いまや「スポーティ」から「環境」技術の代名詞に。
トランスミッションは、5ドアモデルにCVTと4AT、4ドアには、さらに5MTが用意される。ハッチバックで山道を駆け回りたいヒトは、3ドアか、タイプRを待つしかない?

■グローバルコンパクト
サスペンションにもシビックの変容、というか、時代の流れが表われた。F1マシンと同じ4輪ダブルウィッシュボーンから、キャビンスペース確保のために、フロントはマクファーソンストラットとなり、リアはダブルウィッシュボーンながら、よりコンパクトなものになった。後輪は、リアクティブリンクの採用によってブレーキ時にトーイン方向に変化、スタビリティ向上が図られた。
1972年の初代から数えての累計生産台数が1330万台。世界12カ国で生産、140カ国以上で使われるシビック。ホンダは、「グローバル・コンパクトプラットフォーム」と呼ばれる新しいシャシーで、世界中どの工場でも均一の品質を目指す。ニューフロアパネルは、各地ニーズ対応のためフレキシビリティに富むというから、目の醒めるようなスポーティモデルも、これからのお楽しみなのだろう。

(web CG アオキ)

 
 

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る