レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

2012.08.23 自動車ニュース

レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

トヨタ自動車は、ハッチバックモデル「レクサスCT200h」の仕様を変更し、2012年8月23日に発売した。

今回、全車のフロントドアガラスに「撥水(はっすい)機能付きスーパーUVカットガラス」が採用された。さらに、上級グレード“バージョンL”に助手席4way調整式パワーシートが与えられるなど、快適性の向上が図られた。
サスペンションの特性も変更。よりしなやかな乗り味を実現したとうたわれる。

センターコンソールとラゲッジルームの2カ所にコンセントを設置できるオプション「アクセサリーコンセント」(6万3000円)も設定された。電源の容量は合計1500W。停電などの非常時には車両を発電機として活用することができるという。

「レクサスCT200h」シリーズの価格は以下のとおり。

・CT200h:356万円
・CT200h“バージョンC”:376万円
・CT200h“Fスポーツ”:406万円
・CT200h“バージョンL”:433万円

ボディーカラーは、新色の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(“Fスポーツ”専用)と「プラチナムシルバーメタリック」を含む全10色が用意される。

(webCG 関)

「CT200h“バージョンL”」
「CT200h“バージョンL”」
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る