レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

2012.08.23 自動車ニュース

レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

トヨタ自動車は、ハッチバックモデル「レクサスCT200h」の仕様を変更し、2012年8月23日に発売した。

今回、全車のフロントドアガラスに「撥水(はっすい)機能付きスーパーUVカットガラス」が採用された。さらに、上級グレード“バージョンL”に助手席4way調整式パワーシートが与えられるなど、快適性の向上が図られた。
サスペンションの特性も変更。よりしなやかな乗り味を実現したとうたわれる。

センターコンソールとラゲッジルームの2カ所にコンセントを設置できるオプション「アクセサリーコンセント」(6万3000円)も設定された。電源の容量は合計1500W。停電などの非常時には車両を発電機として活用することができるという。

「レクサスCT200h」シリーズの価格は以下のとおり。

・CT200h:356万円
・CT200h“バージョンC”:376万円
・CT200h“Fスポーツ”:406万円
・CT200h“バージョンL”:433万円

ボディーカラーは、新色の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(“Fスポーツ”専用)と「プラチナムシルバーメタリック」を含む全10色が用意される。

(webCG 関)

「CT200h“バージョンL”」
「CT200h“バージョンL”」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • 「レクサスCT200h」にクールなルックスの特別仕様車 2016.8.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスのハッチバックモデル「CT200h」にクールなスタイリングをセリングポイントとする特別仕様車“Cool Touring Style”を設定。同日、販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
ホームへ戻る