レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

2012.08.23 自動車ニュース

レクサスのハッチバック「CT200h」が仕様変更

トヨタ自動車は、ハッチバックモデル「レクサスCT200h」の仕様を変更し、2012年8月23日に発売した。

今回、全車のフロントドアガラスに「撥水(はっすい)機能付きスーパーUVカットガラス」が採用された。さらに、上級グレード“バージョンL”に助手席4way調整式パワーシートが与えられるなど、快適性の向上が図られた。
サスペンションの特性も変更。よりしなやかな乗り味を実現したとうたわれる。

センターコンソールとラゲッジルームの2カ所にコンセントを設置できるオプション「アクセサリーコンセント」(6万3000円)も設定された。電源の容量は合計1500W。停電などの非常時には車両を発電機として活用することができるという。

「レクサスCT200h」シリーズの価格は以下のとおり。

・CT200h:356万円
・CT200h“バージョンC”:376万円
・CT200h“Fスポーツ”:406万円
・CT200h“バージョンL”:433万円

ボディーカラーは、新色の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(“Fスポーツ”専用)と「プラチナムシルバーメタリック」を含む全10色が用意される。

(webCG 関)

「CT200h“バージョンL”」
「CT200h“バージョンL”」

関連キーワード:
CTレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】 2011.4.22 試乗記 レクサスCT200h”バージョンL”(FF/CVT)/”Fスポーツ”(FF/CVT)
    ……484万6000円/482万4900円

    レクサスの最新ハイブリッドカー「CT200h」に試乗。「バージョンL」と「Fスポーツ」の2モデルをワインディングに連れだし、味つけの違いを探った。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインに 2017.8.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月24日、ハイブリッド車「レクサスCT」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回の改良では、内外装デザインのブラッシュアップと、先進安全装備の強化が行われた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【レビュー】
    2017.11.21 試乗記 ファミリー層に人気の「セレナ」に、威厳とスポーティーさを備えた「セレナNISMO」が登場。専用サスペンションで15mm車高を下げ、排気音にもこだわったヤル気系ミニバン、その走りとは? 日産のテストコース「グランドライブ」で試乗した。
ホームへ戻る