賢く勝利するSUV、「トヨタクルーガー」登場!

2000.11.27 自動車ニュース
 
 
001127_034.gif

賢く勝利するSUV、「トヨタクルーガー」登場!(11/27)

■ユーティリティ重視のSUV

「クロカンのカッコをした乗用車」というコンセプトで、メインマーケットたる北米で大成功を収めたトヨタ・ハリアーに兄貴分が登場した。2000年11月24日から販売が開始された「クルーガーV」がそれ。
ちなみに名前は、メルセデスMクラスやらBMW X5やらに「賢く、報復する(Klüger Vergeltung)」を意味するドイツ語から、ではなく、ドイツ語「Klüger(賢い、聡明な)」と「勝利のV!(Victory)」の、独英チャンポンである。

「ワイルド・バット・フォーマル」なハリアーに対し、クルーガーVはより大きなボディといかついスタイルでよりワイルドさを強調、「ハリアーみたいな軟派なクルマに乗れっかよ」と思っていた本格派オフローダーの取り込みを狙う。乗員および荷室スペース拡大は、ミニバンユーザーへのアピールにもなろう。

具体的には、ハリアーのものを100mmストレッチしたホイールベース2715mmのシャシーに、全長×全幅×全高=4685(+110)×1825(+10)×1720(+)mmのボディを載せる(カッコは、ハリアーとの比較)。「大人5人がゆったりと座れる空間を確保」(プレス資料)すると同時に、ラゲッジスペースも、弟分の570リッターから650リッター(VDA法)に拡大された。

インパネまわりは、メーターにトヨタお得意の「オプティトロンメーター」を採用、スピードメーターを中央、左に回転計、右に燃料・水温計を配した「スポーティな3眼グラフィック」。ステアリングホイールは「3本スポーツタイプ」である。
前席には、Lサイズのカップホルダーを2つ、DC12ボルト用アクセサリーソケット、フロアアンダートレーなどを装備、ユーティリティ面でもぬかりない。
後席は、6:4の分割可倒式。120mmの範囲で前後スライドも可能だ。
荷室には、巻き取り式トノカバーはもとより、サイドにモノ入れ、DC12ボルトのアクセサリーソケットを用意、フロアの下にデッキアンダートレイを設けた。

■SUVのフルラインナップ化

エンジンは、3リッターV6と2.4リッター直4の2種類。
3リッターV6は、吸気側のバルブタイミングを変更する「VVT-i」と3段可変吸気システムを搭載、220ps/5800rpmの最高出力と、31.0kgm/4400rpmの最大トルクを発生する。「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成。
エスティマ、ハリアーにも搭載される2.4リッター直4ユニットは、やはり「VVT-i」を備える。最高出力は160ps/5600rpm、最大トルクは22.5kgm/4000rpm。こちらも「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を実現した。

組み合わされるトランスミッションは、いずれも4段AT。シーケンシャルシフトが可能な「スポーツ-ステアシフトマチック」を「Sパッケージ」に用意した。

駆動方式は、FFもしくは4WD。4WDシステムは、センターデフにビスカスカプリングを使ったいわゆる「生活ヨンク」。もちろん、デフロックは備わらない。
16インチの大径タイヤ(Sパッケージは17インチ)を履き、最低地上高180mm、28度のアプローチアングルを得たという。もっとも、この種の性能は、クルーガーVのオーナーにとってカタログ値以上の意味はないだろう。

サスペンションは、フロントがL字アームを用いたマクファーソンストラット、リアがパラレルリンクのストラット。当たり前だが、乗用車と同じ4輪独立懸架である。

安全装備は、前後の制動力配分を電子制御するEBD付きABS、緊急時にブレーキペダルを踏む力を追加してくれるブレーキアシストほか、アンチスピンデバイス「VSC」も3リッターモデルにオプションで設定される。
フロントにはダブルエアバッグを標準、背もたれの側面から現われるサイドエアバッグをオプションで用意。リアシートには、ISOFIX対応チャイルドシート用のアンカーが備わる。

価格は、以下の通り。
2.4リッター(FF/4WD)=230.0から258.0/254.0から282.0万円
3リッター(FF/4WD)=260.0から288.0/284.0から312.0万円

なお、高齢者、体が不自由な方のための「ウェルキャブシリーズ」も設定。
2.4リッターが、266.5から318.5万円。
3リッターが、293.8から345.8万円

トヨタは、「乗用車」「ミニバン」に続き、「SUV」でもフルラインナップ化を押し進めるのでありましょうか? いずれにせよ、ベース車にはことかかない。

(web CG アオキ)

 
 
関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る