プジョーの特別限定車「スポーティアム」発売

2012.08.23 自動車ニュース

プジョーの特別限定車「スポーティアム」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年8月23日、「プジョー308」シリーズに特別仕様車「308 Sportium(スポーティアム)」を150台限定(ハッチバック60台、SW 90台)で設定し、販売を開始した。

「308スポーティアム」は、中間グレードの「308プレミアム」「308SWプレミアム」をベースに、内外装をスポーティーに仕立てた特別限定車。同様のモデルは2012年1月にも発売されており、今回はホイールのデザインなどを改めたうえでの再登場となる。

外観は、ダークグレーの17インチアロイホイールと水平クロームラインが追加されたフロントグリルなどでドレスアップ。内装についても、赤いステッチの入ったハーフレザーシートやステアリングホイール、さらにアルミペダルなどが与えられ、精悍(せいかん)さが演出されている。

その他、特別装備の内容は以下のとおり。

・17インチアルミホイール&タイヤ(205/45R17)
・水平クロームライン入りフロントグリル
・「Sportium」限定車エンブレム(左右フロントドア)
・リアルーフスポイラー(ハッチバックに追加装備)
・スーパーティンテッド・リアガラス(ハッチバックに追加装備)
・アルミペダル&フロントドアステップガード
・クルーズコントロール(SWに追加装備)
・アクセントステッチ入りスポーツ・レザーステアリング
・アクセントステッチ入りハーフレザーシート&フロアマット
・ホワイトメーター

価格はベースモデルの「プレミアム」から据え置きで、「308スポーティアム」が279万円。「308SWスポーティアム」が299万円。
ボディーカラーは、それぞれビアンカ・ホワイト(白)、エジプシャン・ブルー(青)、ペルラ・ネラ・ブラック(黒)の3色が用意される。

(webCG 関)

「プジョー308スポーティアム」
「プジョー308スポーティアム」
「プジョー308SWスポーティアム」
「プジョー308SWスポーティアム」
 
プジョーの特別限定車「スポーティアム」発売の画像
 
プジョーの特別限定車「スポーティアム」発売の画像
 
プジョーの特別限定車「スポーティアム」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る