ランドローバー・フリーランダーの発表会に自転車が乱入!?

2001.01.19 自動車ニュース
 
 
010119_032.gif

ランドローバー・フリーランダーの発表会に自転車が乱入!?(1/19)

2001年1月18日、旧都庁跡地、東京国際フォーラムで行なわれたランドローバー・フリーランダーの発表会に、自転車が乱入するというハプニングが起きた。

事は、思わせぶりな音楽と共に突然起きた。クルマの発表会ではめまぐるしい照明の渦や効果音の中、新車が登場することが多い。今回も音響効果が盛り上がってきたので、そろそろ主役が登場するかと思いきや、突然現れたのはBIKE=自転車に乗った2名のライダーだった。
会場はしばらく騒然。当然である。役員の挨拶も始まっていないのに登場したライダーはステージ周辺をポンポン飛び跳ねているのだから。パフォーマンスは段々とエスカレートしてきて、あらかじめ備え付けられていた障害物にのぼると驚くようなアクションを披露してくれた。
実はこれ、プロのトライアルライダーによるデモストレーションだったのだ。TBS系「筋肉番付」でも有名なバイシクルトライアル。アスレチックジムのような障害物をトライアルバイクで飛んだりはねたりするその姿はエキサイティングそのもの! フリーランダーのイメージに重ね合わせているのだ。
デモストレーションが終わると、ランドローバー本社マーケティングセールス担当取締役のマシュー・テイラーのスピーチがあり、続いてランドローバージャパン代表取締役社長のクリストファー K. エリスが、さすがと言うべきかすべて日本語でスピーチを披露してくれた。

新型フリーランダーのお披露目後は、場所を移しての懇談会があり、ここでも自転車によるデモンストレーションが行なわれた。今度は20インチサイズのBMXによるフラットランドが披露され会場を沸かせてくれた。

ここ最近、SUVやRVの分野では、アクション系スポーツとの関わりが非常に深く、クルマがただ乗るだけのものではなく、遊びに役立つギアとしての意味合いを持ち始めていると言うことだろう。
近年クルマ離れが進んでいるといわれているが、クルマだけの楽しみだけでなく、クルマから派生する、クルマだからこそ提供できる楽しみこそこれからは追求していくべきだろう。そんなことをわかりやすく感じさせてくれる発表会だった。
(webCG やかん)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る