スイフトとエブリイに特別仕様車

2001.01.22 自動車ニュース
 
 
010122_034.gif

スイフトとエブリイに特別仕様車(1/22)

2001年1月18日、スズキはコンパクトモデル「スイフト」と軽ワンボックス「エブリイワゴン」に、特別仕様車「21世紀記念スペシャル」を設定、販売を開始した。

スイフト(写真上)は、軽自動車「kei」のフロントマスクを替え、新開発1.3リッターユニットを搭載、2000年2月にデビューした小型車。以来、いまひとつ販売が伸びないが、この度、「21世紀記念スペシャル SGエアロII」で、テコ入れが図られる。
SGエアロIIは、その名の通り、前後左右に空力パーツを装着。ルーフエンドスポイラー、スモークトリアガラス、マフラーカッターなどで後姿を引き締めたモデル。スズキ80周年記念モデル「SGエアロ」の第2弾である。
内装では、インパネまわりが、紫色のコンソールカバー、メータークラスターなどでお化粧されるほか、トリム類がブラックの専用生地となる。また、オーディオ類も、MD/CD/カセット/ラジオ一体型の2DINサイズ、4スピーカーとなる。
価格は、ベースの「SG」よりそれぞれ13.0万円高の、129.8万円(FF)と142.8万円(4WD)。トランスミッションは、いずれも4AT。

もうひとつの車種、エブリイワゴンは、軽バン「エブリイ」の乗用車版。
エブリイ21世紀記念スペシャル EX-IIもまた、エアロタイプの前後バンパーで、スポーティに装ったモデルである。
サイドスカート、マフラーカッター、メタリック塗装フルホイールキャップほか、内装では黒基調の専用トリムが採用され、インパネまわりにメタリック調ガーニッシュなどが奢られる。
エンジンは、64psの最高出力、10.4kgmの最大トルクを発生する、657cc直3SOHC6バルブターボ・インタークーラー付。トランスミッションは、4ATもしくは5MT。駆動方式も、FFか4WDを選択できる。
価格は、FF=121.5/130.5万円(5MT/4AT)、4WD=133.5/142.5万円(5MT/4AT)。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る