スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売

2001.01.24 自動車ニュース
 
 
010124_039.gif

スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売(1/24)

スズキ株式会社は、1月23日、1.5リッターの新型乗用車を「エリオ」の名で発表、1月29日より発売する。

エリオは、カルタス(旧クレセント)ハッチの事実上の後継モデル。5ドアセダンとはいいながらゆったりした奥行きの荷室を持つため、外観としてはワゴン的なシルエットが特徴である。

広くブラックのガーニッシュを使ったリアビューはことに個性的で、エリオのスタイルはリアデザインから始まったという。外観では空力的なフォルムと三角形をモチーフにしたディテールデザインに始まり、インテリアでもバイザー(ひさし)のないメーターパネル、センター部分に操作系を集中した左右対称のダッシュボードなど、これまでにない新しいスズキの姿があちこちに見えるデザインである。

使われる素材なども吟味されており、「先進性とともに上質感を前面に押し出したセダン」というのが基本コンセプトといえる。どちらかといえば保守的なカルタスとの位置づけの違いだ。
カルタスといえばサイズ、ボディ形式など、多くの点でオーバーラップするが、当面エリオは5ドアだけということから、3ボックス、ワゴンはカルタスの「専売特許」として棲み分けていくようだ。

エンジンは直列4気筒DOHC1.5リッターのM15A型。1490ccから110ps(81kW)/6000rpm、14.6kgm(143Nm)/4000rpmを発する。環境対策では平成12年排出ガス規制値よりHC、NOxともに50%低減した「優-低排出ガス」に認定されている。

バリエーションと価格は以下のとおり
 G……125.0万円(5MT)/134.8万円(4AT)
 X……139.8万円(5MT)/149.6万円(4AT)
 X 4WD……157.8万円(5MT)/167.6万円(4AT)

(webCG オザワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を世界初公開 2017.7.24 自動車ニュース スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る