スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売

2001.01.24 自動車ニュース
 
 
010124_039.gif

スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売(1/24)

スズキ株式会社は、1月23日、1.5リッターの新型乗用車を「エリオ」の名で発表、1月29日より発売する。

エリオは、カルタス(旧クレセント)ハッチの事実上の後継モデル。5ドアセダンとはいいながらゆったりした奥行きの荷室を持つため、外観としてはワゴン的なシルエットが特徴である。

広くブラックのガーニッシュを使ったリアビューはことに個性的で、エリオのスタイルはリアデザインから始まったという。外観では空力的なフォルムと三角形をモチーフにしたディテールデザインに始まり、インテリアでもバイザー(ひさし)のないメーターパネル、センター部分に操作系を集中した左右対称のダッシュボードなど、これまでにない新しいスズキの姿があちこちに見えるデザインである。

使われる素材なども吟味されており、「先進性とともに上質感を前面に押し出したセダン」というのが基本コンセプトといえる。どちらかといえば保守的なカルタスとの位置づけの違いだ。
カルタスといえばサイズ、ボディ形式など、多くの点でオーバーラップするが、当面エリオは5ドアだけということから、3ボックス、ワゴンはカルタスの「専売特許」として棲み分けていくようだ。

エンジンは直列4気筒DOHC1.5リッターのM15A型。1490ccから110ps(81kW)/6000rpm、14.6kgm(143Nm)/4000rpmを発する。環境対策では平成12年排出ガス規制値よりHC、NOxともに50%低減した「優-低排出ガス」に認定されている。

バリエーションと価格は以下のとおり
 G……125.0万円(5MT)/134.8万円(4AT)
 X……139.8万円(5MT)/149.6万円(4AT)
 X 4WD……157.8万円(5MT)/167.6万円(4AT)

(webCG オザワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る