「これからの日産」を占う新型プリメーラがデビュー

2001.01.31 自動車ニュース
 
 
010131_048.gif

「これからの日産」を占う新型プリメーラがデビュー(1/31)

新型プリメーラが発表された。日産リバイバルプランの中核をなす新型車だけに、さまざまな点で注目すべきニューモデルである。

発表会の会場となったのは東京都現代美術館。文化の香りただよい、近代建築の粋をきわめた雰囲気の中でクルマの発表会を行なうこと自体めずらしいことだが、新型プリメーラにはとてもよく合った場であった。

それはひとつにインターナショナルな開発体制。プリメーラは初代から日本だけでなくヨーロッパをもマーケットとする国際的なモデルだが、新型プリメーラではスタイリングのすべてをニッサン・デザイン・ヨーロッパが全面担当。ボディの随所にこれまでの製造手法では不可能な造形があったというが、妥協することなく製造部門で何とか解決してオリジナルデザインの実現を優先させたという。
インテリアは一転して日本側のデザイン。操作系と情報系をセンターに集約、特に空調/オーディオ/ナビゲーションシステムのインターフェースを一元化したデザインが何より特徴的だ。

この二極化したデザイン体制をまとめるのは並大抵のことではないが、これはこれからの日産車を占う意味で非常に重要である。なぜなら国際的に認められた車を作れなければ日産の起死回生はないともいえるからだ。その点でもプリメーラは格好の素材。この日欧のジョイントプロジェクトはもっと増えるべきだし必要な作業であるとは、この日のゴーン社長も強調していた。

外観もインテリアも一目で「先進的」と映る新型プリメーラ。これまでのクルマづくりの既成概念を打破したいという首脳陣のもくろみはとりあえず達成されたと見ていいだろう。あとは市場がどれだけ反応するかだが、私個人の感想、さらに周囲の声を聞いてみれば日産の復権にかなり強い手応えを感じさせてくれる新型車ではあった。(webCG おざわ)

日産公式サイト:http://www.nissan.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る