三菱、「ミラージュディンゴ」をマイナーチェンジ

2001.02.01 自動車ニュース
 
 
010201_003.gif

三菱、「ミラージュディンゴ」をマイナーチェンジ(2/1)

三菱自動車は、新世代プラットフォームを使用したモデル第1弾、「ミラージュ・ディンゴ」をマイナーチェンジし、2001年2月2日に発売する。

すっかり存在感をなくした先代ミラージュに懲りたか、ちょっと背が高いだけでは差別化が十分ではないと考えたか、ギョッとする縦長のくさび形ヘッドライトを採用して、顔で勝負をかけたディンゴであったが、いまひとつ市場の理解が得られなかった。
今回、「すっきりとした質感のあるデザイン」(三菱)に変更され、「フツーのクルマ」として再出発する。

そのほか、1.5リッター全モデルにCVTを採用、1.3リッターモデルには、キーレスエントリーなどを装備しながら100万円を切る価格とした最廉価グレード「POP」を新設定した。

価格は、「POP」(2WD)の99.0万円から、「ナビパック」(4WD)の164.8万円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「ミラージュ・ディンゴ」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/DINGO/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る