三菱、「ミラージュディンゴ」をマイナーチェンジ

2001.02.01 自動車ニュース
 
 
010201_003.gif

三菱、「ミラージュディンゴ」をマイナーチェンジ(2/1)

三菱自動車は、新世代プラットフォームを使用したモデル第1弾、「ミラージュ・ディンゴ」をマイナーチェンジし、2001年2月2日に発売する。

すっかり存在感をなくした先代ミラージュに懲りたか、ちょっと背が高いだけでは差別化が十分ではないと考えたか、ギョッとする縦長のくさび形ヘッドライトを採用して、顔で勝負をかけたディンゴであったが、いまひとつ市場の理解が得られなかった。
今回、「すっきりとした質感のあるデザイン」(三菱)に変更され、「フツーのクルマ」として再出発する。

そのほか、1.5リッター全モデルにCVTを採用、1.3リッターモデルには、キーレスエントリーなどを装備しながら100万円を切る価格とした最廉価グレード「POP」を新設定した。

価格は、「POP」(2WD)の99.0万円から、「ナビパック」(4WD)の164.8万円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「ミラージュ・ディンゴ」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/DINGO/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る