三菱、「トッポBJ」の内外装一新

2001.02.01 自動車ニュース
 
 
010201_002.gif

三菱、「トッポBJ」の内外装一新(2/1)

三菱自動車工業は、軽自動車「トッポBJ」の内外装を一新、加えて特別仕様車を設定し、2001年2月3日から販売を開始する。

新デザインとなったのは、フロント/リアバンパー、ボンネット、フェンダー、グリル、ヘッドランプ、バックドアパネル、リアコンビネーションランプなど。さらに内装においても、AT車をコラムシフトにしたほか、大型アームレスト付ベンチシートを採用。一部モデルを除き、前席のサイドウォークスルーを可能にした。

価格は、2WD「S」(5MT)の92.1万円から、4WD「R」(4AT)の147.3万円まで。

同時発売された特別仕様車「トッポBJ Mリミテッド」は、最量販グレード「M」をベースに、アルミホイール、ベンチシート、電動格納式リモコンドアミラー、UVカット/プライバシーガラスなどを装備。上記装備を追加しながら、ベース車よりマイナス6.0万円という、お買い得感あるモデルとした。4ATのみで、2WDが104.8万円、4WDが120.1万円。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
トッポ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペー... 2015.5.26 試乗記
  • ホンダ、「N-ONE」のマイナーチェンジ情報をウェブで先行公開 2017.11.9 自動車ニュース