三菱、「トッポBJ」の内外装一新

2001.02.01 自動車ニュース
 
 
010201_002.gif

三菱、「トッポBJ」の内外装一新(2/1)

三菱自動車工業は、軽自動車「トッポBJ」の内外装を一新、加えて特別仕様車を設定し、2001年2月3日から販売を開始する。

新デザインとなったのは、フロント/リアバンパー、ボンネット、フェンダー、グリル、ヘッドランプ、バックドアパネル、リアコンビネーションランプなど。さらに内装においても、AT車をコラムシフトにしたほか、大型アームレスト付ベンチシートを採用。一部モデルを除き、前席のサイドウォークスルーを可能にした。

価格は、2WD「S」(5MT)の92.1万円から、4WD「R」(4AT)の147.3万円まで。

同時発売された特別仕様車「トッポBJ Mリミテッド」は、最量販グレード「M」をベースに、アルミホイール、ベンチシート、電動格納式リモコンドアミラー、UVカット/プライバシーガラスなどを装備。上記装備を追加しながら、ベース車よりマイナス6.0万円という、お買い得感あるモデルとした。4ATのみで、2WDが104.8万円、4WDが120.1万円。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トッポの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る