新型オペル・ヴィータを発売

2001.02.02 自動車ニュース
 
 
010202_008.gif

新型オペル・ヴィータを発売(2/2)

154.0万円という内外格差のないプライスと、「かわいいヴィータ……」というTVコマーシャルが記憶に残るオペルの小型ハッチ「ヴィータ」のニューモデルが、2001年3月3日から、全国のヤナセネットワークを通じて販売される。

導入されるのは、1.4リッターエンジン(90ps、12.9kgm)を積んだ3/5ドアモデル。ボディサイズは、全長×全幅×全高=3815×1645×1440mmと、現行モデルより大きく、ホイールベースも45mm延長されて2490mmに。MCCスマート、VWルポといった、日本の軽自動車に相当する欧州小型車との差別化を図った。
車体が大きくなったから、当然、室内も広くなる。「大人4人(定員5名)がゆったりとくつろげる快適な空間と実用的な荷室(VDA規格で260リッター)とを両立した」(プレスリリース)という。
エクステリアは、「スポーティかつダイナミック」なもの。国内でも「なんとなく女性向け」イメージの払拭を狙いたいところだ。

装備面では、ラジオ&MDプレイヤー、インダッシュ6連奏CDチェンジャー、オーディオリモートコントロール付きステアリングホイール、6スピーカーなど、オーディオ類を充実。

価格は、3ドアの「スウィング」が173.0万円。5ドア「GLS」が187.0万円。フォルクスワーゲン・ポロより、2万円と8万円安い。いずれも右ハンドルである。2001年内で8000台を販売する予定だという。なお、本国で用意されるセミAT「イージートロニック」の年内導入も計画される。
新型ヴィータの正規輸入開始にともない、従来の1.2リッター、1.6リッターモデルはカタログから落とされる。

(webCGアオキ)

なお、webCGの「ロードインプレッション」に、オペル・ヴィータの海外試乗記が掲載されているので、参考にされたい。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る