ホンダ「オデッセイ」などに特別仕様車

2001.02.05 自動車ニュース
 
 
010205_009.gif

ホンダ「オデッセイ」などに特別仕様車(2/5)

本田技研工業は、「オデッセイ」「アコードワゴン」「HR-V」の3車種に特別仕様車を設定、2001年2月1日に発売した。

オデッセイの特別仕様車「サウンドスピリット」(写真上)は、2.3リッター直4ユニットを搭載した中堅グレード「M」をベースに、MD/CD一体型プレーヤーを装備した、オーディオ充実モデルだ。価格はベース車より6万円高の、FFが233.5万円、4WDが258.5万円。

アコードワゴン「プライベートスタイルX」(写真中)は、ベース車「2.3V」を、フロントロアスカート、フォグランプ、アルミホイールなどで飾ったモデル。MDプレーヤー、6連奏CDチェンジャー、革巻ステアリングホイール&シフトノブなど付与しつつ、FF車においてはベース車と同価格で販売する。209.8万円(FF)と229.8万円(4WD)。なお、オーディオ装備を省略したモデル(202.8万円)も用意される。

HR-V「サウンドプレーヤー」(写真下)は、6連奏CD/MDプレーヤー+AM/FMラジオ+4スピーカーを装備。加えて、専用シート表皮、専用ボディ色「サンライトイエロー」を採用した。価格は以下のとおり。

●3ドア
J(FF) 141.3(MT)/149.9(CVT)万円
J4(4WD) 159.3(MT)/167.9(CVT)万円
●5ドア
J(FF) 152.8(MT)/161.4(CVT)万円
J4(4WD) 170.8(MT)/179.4(CVT)万円

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る