日産セフィーロがマイナーチェンジ

2001.02.05 自動車ニュース
 
 
010205_010.gif

日産セフィーロがマイナーチェンジ(2/5)

■グレードのリストラ

イルカをイメージキャラクターにした日産の大型FFセダン「セフィーロ」が、2001年1月29日にマイナーチェンジを受けた。

このたびのマイチェンで、空力パーツ、大径ホイールを装着したスポーティ版「Sツーリング」がカタログから落とされ、2リッター「リーンバーン」エンジン搭載の「エクシモ」「エクシモG」、2.5リッター「LEV」ユニットを積む「25エクシモ」「25エクシモG」の4グレードに整理された。

価格は、
「エクシモ」(5MT/4AT)……214.9/219.9万円
「エクシモG」(4AT)……237.0万円
「25エクシモ」(4AT)……259.0万円
「25エクシモG」(4AT)……285.0万円

■角が生えたイルカ

外観では、グリルが縦桟になり、前後バンパーのデザインが変更され、ボディ全周にメッキモールが付いた。内装面では、木目調パネルの面積が増え、「25エクシモG」「エクシモG」には、ウッドと革のコンビネーションのステアリングホイールが採用された。全体に、「わかりやすい高級感」が付与されたわけである。

そのほかの改変は以下の通り。
・丸いボディデザインによる車両感覚の掴みにくさを、フロント左右にフェンダーマーカー(突起)を設けることで補完。
・リアコンビランプのレンズ色を変更。
・「25エクシモG」「エクシモG」には、新意匠の16インチアルミホイールを採用。
・ボディカラーに、「ホワイトパール」「ダイヤモンドシルバー」「ボルドーレッド」を追加、全7色とした。
・TV/ナビゲーションシステムを、CDからDVD方式にした。
・エクシモに標準装備するオーディオを、カセット一体型からCD一体型にし、出力を60Wから80Wに増強。
・「25エクシモG」に、本革シートを標準装備とした。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る