日産セフィーロがマイナーチェンジ

2001.02.05 自動車ニュース
 
 
010205_010.gif

日産セフィーロがマイナーチェンジ(2/5)

■グレードのリストラ

イルカをイメージキャラクターにした日産の大型FFセダン「セフィーロ」が、2001年1月29日にマイナーチェンジを受けた。

このたびのマイチェンで、空力パーツ、大径ホイールを装着したスポーティ版「Sツーリング」がカタログから落とされ、2リッター「リーンバーン」エンジン搭載の「エクシモ」「エクシモG」、2.5リッター「LEV」ユニットを積む「25エクシモ」「25エクシモG」の4グレードに整理された。

価格は、
「エクシモ」(5MT/4AT)……214.9/219.9万円
「エクシモG」(4AT)……237.0万円
「25エクシモ」(4AT)……259.0万円
「25エクシモG」(4AT)……285.0万円

■角が生えたイルカ

外観では、グリルが縦桟になり、前後バンパーのデザインが変更され、ボディ全周にメッキモールが付いた。内装面では、木目調パネルの面積が増え、「25エクシモG」「エクシモG」には、ウッドと革のコンビネーションのステアリングホイールが採用された。全体に、「わかりやすい高級感」が付与されたわけである。

そのほかの改変は以下の通り。
・丸いボディデザインによる車両感覚の掴みにくさを、フロント左右にフェンダーマーカー(突起)を設けることで補完。
・リアコンビランプのレンズ色を変更。
・「25エクシモG」「エクシモG」には、新意匠の16インチアルミホイールを採用。
・ボディカラーに、「ホワイトパール」「ダイヤモンドシルバー」「ボルドーレッド」を追加、全7色とした。
・TV/ナビゲーションシステムを、CDからDVD方式にした。
・エクシモに標準装備するオーディオを、カセット一体型からCD一体型にし、出力を60Wから80Wに増強。
・「25エクシモG」に、本革シートを標準装備とした。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る