日産「エクストレイル」にターボ車が追加

2001.02.08 自動車ニュース
 
 
010208_016.gif

日産「エクストレイル」にターボ車が追加(2/8)

日産自動車は、SUV「エクストレイル」に、インタークーラーターボを搭載した新グレード「GT」を設定し、2001年2月6日から販売を開始した。

「GT」は、その名の通り走りにふったグレード。最大の特徴は、新開発の2リッター直4ターボ・インタークーラー付き「SR20VET」。VVL(可変バルブリフトタイミング機構)により、ターボで過給されない低速域のトルクを向上。最高出力280ps/6400rpm、最大トルク31.5kgm/3200rpmというパワフルな動力性能をもちながら、市街地での扱いやすさにも配慮した、と日産はいう。ちなみに、昨年10月に先行発売された2リッター直4NAモデルの出力は、150psと20.4kgm。

専用のフロントグリル、カラードバンパー、大径スポーツマフラー、ルーフスポイラーが与えられ、よりワイルドな外観に。内装に、本革巻き3本スポークステアリングホイールや、専用の本革巻きシフトノブ、撥水加工のスポーツシート、専用アルミペダルを装備し、「走り」を演出した。

4ATと4WDのみの設定で、価格は、NAエンジンを載せた中堅モデル「X」より62.5万円高の、282.5万円。

日産復活の期待を背負って世に出された「エクストレイル」。販売は好調で、昨年12月の登録台数は4455台を記録。ライバルのトヨタRAV4(同2422台)、ホンダCR-V(同867台)を大きく引き離している。シーマ、プリメーラと話題のクルマがゾクゾクの日産に注目!

(webCG 有吉)

日産自動車「X-TRAIL GT」:
http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/T30/0010/CATALOG/GT/index.html

 
 

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化 2017.9.1 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。今回の変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る