日産「エクストレイル」にターボ車が追加

2001.02.08 自動車ニュース
 
 
010208_016.gif

日産「エクストレイル」にターボ車が追加(2/8)

日産自動車は、SUV「エクストレイル」に、インタークーラーターボを搭載した新グレード「GT」を設定し、2001年2月6日から販売を開始した。

「GT」は、その名の通り走りにふったグレード。最大の特徴は、新開発の2リッター直4ターボ・インタークーラー付き「SR20VET」。VVL(可変バルブリフトタイミング機構)により、ターボで過給されない低速域のトルクを向上。最高出力280ps/6400rpm、最大トルク31.5kgm/3200rpmというパワフルな動力性能をもちながら、市街地での扱いやすさにも配慮した、と日産はいう。ちなみに、昨年10月に先行発売された2リッター直4NAモデルの出力は、150psと20.4kgm。

専用のフロントグリル、カラードバンパー、大径スポーツマフラー、ルーフスポイラーが与えられ、よりワイルドな外観に。内装に、本革巻き3本スポークステアリングホイールや、専用の本革巻きシフトノブ、撥水加工のスポーツシート、専用アルミペダルを装備し、「走り」を演出した。

4ATと4WDのみの設定で、価格は、NAエンジンを載せた中堅モデル「X」より62.5万円高の、282.5万円。

日産復活の期待を背負って世に出された「エクストレイル」。販売は好調で、昨年12月の登録台数は4455台を記録。ライバルのトヨタRAV4(同2422台)、ホンダCR-V(同867台)を大きく引き離している。シーマ、プリメーラと話題のクルマがゾクゾクの日産に注目!

(webCG 有吉)

日産自動車「X-TRAIL GT」:
http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/T30/0010/CATALOG/GT/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る