日産「エクストレイル」にターボ車が追加

2001.02.08 自動車ニュース
 
 
010208_016.gif

日産「エクストレイル」にターボ車が追加(2/8)

日産自動車は、SUV「エクストレイル」に、インタークーラーターボを搭載した新グレード「GT」を設定し、2001年2月6日から販売を開始した。

「GT」は、その名の通り走りにふったグレード。最大の特徴は、新開発の2リッター直4ターボ・インタークーラー付き「SR20VET」。VVL(可変バルブリフトタイミング機構)により、ターボで過給されない低速域のトルクを向上。最高出力280ps/6400rpm、最大トルク31.5kgm/3200rpmというパワフルな動力性能をもちながら、市街地での扱いやすさにも配慮した、と日産はいう。ちなみに、昨年10月に先行発売された2リッター直4NAモデルの出力は、150psと20.4kgm。

専用のフロントグリル、カラードバンパー、大径スポーツマフラー、ルーフスポイラーが与えられ、よりワイルドな外観に。内装に、本革巻き3本スポークステアリングホイールや、専用の本革巻きシフトノブ、撥水加工のスポーツシート、専用アルミペダルを装備し、「走り」を演出した。

4ATと4WDのみの設定で、価格は、NAエンジンを載せた中堅モデル「X」より62.5万円高の、282.5万円。

日産復活の期待を背負って世に出された「エクストレイル」。販売は好調で、昨年12月の登録台数は4455台を記録。ライバルのトヨタRAV4(同2422台)、ホンダCR-V(同867台)を大きく引き離している。シーマ、プリメーラと話題のクルマがゾクゾクの日産に注目!

(webCG 有吉)

日産自動車「X-TRAIL GT」:
http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/T30/0010/CATALOG/GT/index.html

 
 
関連記事 ホームへ戻る