スズキ・ワゴンRに新グレード登場

2001.02.09 自動車ニュース
 
 
010209_018.gif

スズキ・ワゴンRに新グレード登場(2/9)

スズキ軽自動車戦略の看板モデルのひとつ、ワゴンRにいわゆるお買い得仕様「FM-G」と、エアロパーツが特徴の外観と上級オーディオ搭載の「FM-Tリミテッドエアロ」が登場。2001年2月7日より発売された。

■低価格で装備充実のFM-G
FM-Gはエアコン、カセットステレオ、パワーウインドー、キーレスエントリーなどを装備し、価格を抑えたモデル。価格は2WDのコラムATで99.9万円だ。
ATは全車4段ATを採用。広々した足下空間を得るためにセレクターはコラム式である。
寒冷地で使われることの多い4WD車には、全車運転席シートヒーター、ヒーテッドドアミラーが採用された。
排ガス・衝突安全対策としては「平成12年基準排出ガス50%低減レベル」を達成。軽量衝撃吸収ボディTECTの採用も新しい。
価格は以下の通り(すべて5ドア)。
 2WD5段MT……91.4万円
 2WDコラム4段AT……99.9万円
 4WD5段MT……102.6万円
 4WDコラム4段AT……111.1万円

■贅沢装備満載のFM-Tリミテッドエアロ
FM-Tリミテッドエアロはエクステリアをエアロパーツで固めスポーティー仕様。専用の外装パーツは、専用フロントグリル、異形4灯ハロゲンヘッドランプ、アンダースポイラー(フロント、サイド、リア)、ルーフエンドスポイラー、カラードボンネットエアスクープ、マフラーカッター、アルミホイールの7点にのぼる。
インテリアの充実も負けていない。専用シート&ドアトリム表皮、タコメーターを装備するなど、外観に見合う演出を目指す。
オーディオ装備では、MD・CD・カセット・AM/FMラジオを一体化した2DINタイプを採用。リアスピーカーを吊り下げ方式にした4スピーカー構成は、ワゴンならではの荷室の使い易さを妨げることなく、音場の拡大を狙える巧みな設定だ。
他の装備では、電動格納式ドアミラー、スモークガラスの標準装着のほか、4WDモデルには運転席シートヒーターが装備され、ミラーの曇り防止にヒーテッドドアミラーも付く。
「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」認定の取得や、軽量衝撃吸収ボディTECTの採用は「FM-G」と同じだ。
価格は以下の通り(すべて5ドア)。
 2WDコラム4段AT……122.9万円
 4WDコラム4段AT……134.1万円

(webCG やかん)

ワゴンRサイト:http://www.suzuki.co.jp/dom4/wagonr/wagon_r/index.htm

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る