ホンダ「シビック」にカーオブザイヤー記念車

2001.02.14 自動車ニュース
 
 
010214_023.gif

ホンダ「シビック」にカーオブザイヤー記念車(2/14)

本田技研工業は、「シビック」「シビック・フェリオ」に、「2000-2001年カーオブザイヤー」と「2001 RJCカーオブザイヤー」、ダブル受賞を記念した特別仕様車を設定、2001年2月8日に発売した。合計販売台数は6000台。

シビック、シビック・フェリオとも、1.5リッターモデルの最量販グレード「iEタイプ」がベース。リアに燦然と輝く(!?)「受賞記念ステッカー」が最大の特徴だ。

シビックには、スポーティをテーマに、革巻きステアリングホイール、同ATシフトノブ、同前席アームレストを付与。2DINサイズのMD/CDプレーヤー、ベース車ではパッケージオプションとなる電動格納式リモコンドアミラーなどを採用しつつ、価格をプラス4.0万円に抑え、163.8万円とした。

シビック・フェリオ受賞記念モデルには、カタログモデルには未設定の革巻きステアリングホイール、1DINサイズのCDプレーヤー、最上級モデルのみ標準装備される電動格納式リモコンドアミラーなどを奢った特別仕様車。価格は、ベース車の3.0万円高に抑え、159.8万円。

(webCG 有吉)

本田技研工業「シビック・カーオブザイヤー受賞記念特別仕様車」サイト:
http://www.honda.co.jp/CIVIC/civic_sp/cv_top.html

同「シビック・フェリオ・カーオブザイヤー受賞記念特別仕様車」サイト:
http://www.honda.co.jp/CIVIC/civic_sp/fr_top.html

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る