スズキ、“おしゃれな”ジムニー/アルトを発売

2001.02.19 自動車ニュース
 
 
010219_033.gif

スズキ、“おしゃれな”ジムニー/アルトを発売(2/19)

スズキは、軽自動車「ジムニー」と「アルト」に、“おしゃれ”がウリの新グレードを追加設定し、2001年2月15日から販売を開始した。

「ジムニー」に追加された「J2」(写真上)は唯一のFFモデルだ。メッシュタイプの専用フロントグリルや水色の「カジュアル」(スズキ)なボディ色を付与。さらに、15インチタイヤの採用などにより、車高を4WD車に対して35mm低くし乗降性を向上させ、街乗りに配慮、なんとか女性をふり向かせたい。
価格は、5MT車が121.0万円、4AT車が130.8万円。

「アルト」の新グレード「C2」(写真下)は、「ほのぼのとした」(同社)デザインの専用フロントバンパーおよびフロントグリルを採用。フロントグリル/バックドアには、1960年代の「SUZUKI」エンブレムを復刻させ、レトロ感を演出した。
価格は、2WD車が87.3万円、4WD車が99.5万円。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ジムニーアルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 第55回:中古車の愛と誠 2017.8.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第55回は「中古車の愛と誠」。検討中の「BMW 320d」を見たいと、海千山千の中古ドイツ車専門店を訪れた筆者。だが、そこには驚くべき現実が待っていいた。買うべきか、買わざるべきか。中古車店の値付けにモノ申す。
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
ホームへ戻る