VW「ゴルフ」に2000万台記念仕様車

2001.02.22 自動車ニュース
 
 
010222_038.gif

VW「ゴルフ」に2000万台記念仕様車(2/22)

フォルクスワーゲングループジャパンは、世界中のFFハッチモデルのオリジンともいえる「ゴルフ」の、初代からの累計生産台数が2000万台に達したと発表。これを記念した特別仕様車「ZMエディション」を設定し、2001年2月20日に発売した。ZMは、ドイツ語の「Zwanzig Millionen=2000万」の頭文字から。1000台の限定販売である。

「ZMエディション」は、最廉価版「E」(1.6リッター直4SOHC、101ps/14.8kgm)をベースに、15インチアルミホイール、195/65R15タイヤで足をキメ、ボディ同色のサイドモール、ダークテールレンズでスポーティに装う。特別仕様車の証「ZMエンブレム」も付く。内装には、ボディ色と同じ色を配したスポーツシートが備わる。
価格は、ベース車の5.0万円高、234.0万円。

1974年ミュンヘンで発表されたゴルフ。その累計生産台数は、デビューから2年目で100万台、8年目の82年に500万台、88年には1000万台を突破し、経済性に富んだ小型車として、ドイツはおろかヨーロッパを代表する国民車として成長をとげた。現行車は4世代目にあたり、ハッチバックを中心に、ステーションワゴン、カブリオレをラインナップしている。

日本市場では、初代デビューより1年遅れて導入が開始され、現在まで約40万台以上が登録されている。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る