A6オールロードクワトロが、限定300台で復活

2012.08.21 自動車ニュース
「アウディA6オールロードクワトロ」(写真は欧州仕様車)
A6 オールロードクワトロが、限定300台で復活

アウディ、新型「A6オールロードクワトロ」を発売

アウディジャパンは2012年8月21日、新型「アウディA6 allroad quattro(オールロードクワトロ)」を発表。同日、販売を開始した。台数300台の限定モデルとなる。

 
A6 オールロードクワトロが、限定300台で復活

「A6オールロードクワトロ」は、「A6アバント」をベースに、オフロードでの走破性を高めたクロスオーバーモデル。

今回の新型は、2000年にデビューした初代「オールロードクワトロ」(ベースは2代目A6アバント)、2006年の2世代目「A6オールロードクワトロ」(ベースは3代目A6アバント)に続く、3世代目モデル(2012年2月に国内導入された4代目A6アバントがベース)となる。

エクステリアには、垂直方向のラインを強調したシングルフレームグリルやコントラストカラーのバンパー、大型ホイールアーチ、アルミニウムサイド大型ドアアンダープロテクター、ステンレスアンダーガード、アルミニウムルーフレールなどの専用装備を採用。インテリアは、ブラックを基調に本革シート(ミラノレザー)とファイングレインアッシュのデコラティブパネルが組み合わされる。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「ファントムブラック」の2色が用意される。

パワートレインは、スーパーチャージャー付き3リッターV6 DOHC直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」にデュアルクラッチ式トランスミッション「7段Sトロニック」と、フルタイム4WDシステム「クワトロ」の組み合わせ。

車高を3段階(−15mm/標準/+35mm)で調整可能なアダプティブエアサスペンションや専用の20インチアルミホイール、アウディパーキングアシスト、ヒルディセントコントロールなども標準装備となる。

ハンドル位置は右のみで、価格は889万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6オールロードクワトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る