A6オールロードクワトロが、限定300台で復活

2012.08.21 自動車ニュース
「アウディA6オールロードクワトロ」(写真は欧州仕様車)
A6 オールロードクワトロが、限定300台で復活

アウディ、新型「A6オールロードクワトロ」を発売

アウディジャパンは2012年8月21日、新型「アウディA6 allroad quattro(オールロードクワトロ)」を発表。同日、販売を開始した。台数300台の限定モデルとなる。

 
A6 オールロードクワトロが、限定300台で復活

「A6オールロードクワトロ」は、「A6アバント」をベースに、オフロードでの走破性を高めたクロスオーバーモデル。

今回の新型は、2000年にデビューした初代「オールロードクワトロ」(ベースは2代目A6アバント)、2006年の2世代目「A6オールロードクワトロ」(ベースは3代目A6アバント)に続く、3世代目モデル(2012年2月に国内導入された4代目A6アバントがベース)となる。

エクステリアには、垂直方向のラインを強調したシングルフレームグリルやコントラストカラーのバンパー、大型ホイールアーチ、アルミニウムサイド大型ドアアンダープロテクター、ステンレスアンダーガード、アルミニウムルーフレールなどの専用装備を採用。インテリアは、ブラックを基調に本革シート(ミラノレザー)とファイングレインアッシュのデコラティブパネルが組み合わされる。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「ファントムブラック」の2色が用意される。

パワートレインは、スーパーチャージャー付き3リッターV6 DOHC直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」にデュアルクラッチ式トランスミッション「7段Sトロニック」と、フルタイム4WDシステム「クワトロ」の組み合わせ。

車高を3段階(−15mm/標準/+35mm)で調整可能なアダプティブエアサスペンションや専用の20インチアルミホイール、アウディパーキングアシスト、ヒルディセントコントロールなども標準装備となる。

ハンドル位置は右のみで、価格は889万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る