プジョー「206」に新型1.6リッターエンジン

2001.02.23 自動車ニュース
 
 
010223_039.gif

プジョー「206」に新型1.6リッターエンジン(2/23)

プジョージャポンは、ハッチバックモデル「206」シリーズに、新型1.6リッターエンジンを載せたグレードを設定、2001年3月1日に発売する。

新しい1.6リッター直4ユニットは、従来のSOHCからDOHCとなり、出力特性が向上。最高出力が20psアップし108ps、最大トルクが1.5kgm太くなり15.0kgmとなった。また、ボッシュ製電子制御スロットルを採用し、ヨーロッパの排ガス規制「EURO3」への適合を図った。

新エンジンを搭載するのは、スポーティな上級グレード「XS」(3ドア)と快適仕様充実の「XTプレミアム」(5ドア)の2車種。組み合わされるトランスミッションは、従来までの5MTに加え、学習機能付き電子制御4段AT「AL4」も選べるようになったのが新しい。

価格は、「XS」が5MTで187.0万円(従来比プラス4.0万円)、4ATが197.0万円、「XTプレミアム」が5MTで189.5万円(据え置き)、4ATが199.5万円。

1999年5月に日本へ導入された「206」は、愛らしいカタチとコンパクトなサイズが受け、日本におけるプジョーの売れ筋モデルに成長。2000年のプジョー車登録台数を1万台強に押し上げた原動力となった。今回、AT車を2機種加わえ、さらなる販売台数の増加を見込む。

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る