ホンダ・シビック「天然ガス車」をフルモデルチェンジ

2001.02.26 自動車ニュース
 
 
010226_041.gif

ホンダ・シビック「天然ガス車」をフルモデルチェンジ(2/26)

本田技研工業は、圧縮天然ガスを燃料とした「シビックGX」をフルモデルチェンジ、2001年3月20日に発売する。「シビック/シビックフェリオ」が2000年9月にフルモデルチェンジされたのを受け、天然ガス車も新型車ベースとなった。

「代替エネルギーとして有望な圧縮天然ガスを燃料とし、排出ガス中の有害物質を極めてゼロに近いレベルまで低減」(広報資料)したのが、「シビックGX」。シビックフェリオのボディに、従来型より0.1リッター拡大した1.7リッターエンジンを搭載。これに、「ホンダマルチマチック」と呼ばれるCVTを組み合わせ、一充填あたりの走行距離を従来比で12パーセント向上、376kmを記録した、という。

装備面では、前席SRSエアバッグ、EBD(電子制御制動力配分システム)付きABS、さらにマニュアルエアコン、パワーウィンドウ、パワードアロック、電動格納式リモコンドアミラーなどが備わる。

価格は、205.0万円。

(webCG 有吉)

本田技研工業「シビックGX」サイト:
http://www.honda.co.jp/CIVIC/civic_gx/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る