シトロエン「エグザンティア」に革張り仕様

2001.02.26 自動車ニュース
010226_042.gif

シトロエン「エグザンティア」に革張り仕様(2/26)

2001年2月21日、シトロエンの総輸入元である新西武自動車販売は、中堅モデル「エグザンティア」の特別仕様車「エグザンティア リミテッドエディション プラス」の販売を開始した。

セダンの2リッター直4モデル「SX」をベースにした本革仕様で、100台の限定販売。価格は、SXより16.0万円高い315.0万円となる。

専用装備は以下の通り。
・遮熱フロントウィンドスクリーン
・ボディ同色バンパー&サイドプロテクションモール
・ウッドタイプトリム(ダッシュボード/ドア)
・レザーシート(ウラガン)
・運転席シート電動ハイトアジャスター
・運転席可倒式アームレスト
・専用ボディカラー「ベールギャラン」(薄緑)

なお、「リミテッド・エディション プラス」は、2000年10月1日に発売した「エグザンティア リミテッドエディション」の豪華版ともいえる。その際は、セダン50台、ブレーク(ワゴン)100台が用意されたが、今回は、セダンのみ。

フランス本国では、次期モデル「C5」の価格が発表されたから、ダブルシェブロンの端正なハッチバックモデルを新車で手に入れられる期間は、そう長くないはずだ。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。