ジャガーSタイプのエントリーモデル(限定)

2001.02.27 自動車ニュース
 
 
010227_043.gif

ジャガーSタイプのエントリーモデル(限定)(2/27)

2001年2月23日、ジャガージャパンは、同車のミディアムモデル「Sタイプ」のエントリーモデルを、100台限定で、3月1日から販売すると発表した。

発表されたのは、「Sタイプ3.0グッドウッドメモリアルリミテッド」。「より多くの方に、手軽にジャガーの良さを味わっていただくため」(プレスリリース)、内装をレザーからファブリックにすることで、「Sタイプ3.0V6」より48.6万円安い、529.4万円に価格を抑えた。
ボディペイントには、特別に4色のメタリックカラー--パシフィック(明るい紺)/カーニバル(ワインレッド)/プラチナ(銀)/エメラルド(緑)--が用意される。アルミホイールは、3.0V6と同じ16インチながら、専用の「Spirit」デザインが採用された。また、トランクリッドに、「GOODWOOD」バッヂが付くのもスペシャルだ。

18インチとCATSサスで足まわりをキメた「Sタイプ3.0V6スポーツ」でハードなスポーティ派に訴求する一方、より廉価な限定モデルで、顧客層の拡大を図る。本国では、ファブリック内装のカタログモデルがラインナップされるから、「グッドウッド……」の人気如何では、日本でも布シートのジャガーが定着するかもしれない。

なお、モデル名のグッドウッドは、ロンドンから80kmほど南西に下ったサセックス州チェスターという街にあるサーキット「Goodwood Motor Circuit」に由来する。1950から60年代にかけ、ジャガーCタイプやDタイプが、この地で活躍したのである。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る