ジャガーSタイプのエントリーモデル(限定)

2001.02.27 自動車ニュース
 
 
010227_043.gif

ジャガーSタイプのエントリーモデル(限定)(2/27)

2001年2月23日、ジャガージャパンは、同車のミディアムモデル「Sタイプ」のエントリーモデルを、100台限定で、3月1日から販売すると発表した。

発表されたのは、「Sタイプ3.0グッドウッドメモリアルリミテッド」。「より多くの方に、手軽にジャガーの良さを味わっていただくため」(プレスリリース)、内装をレザーからファブリックにすることで、「Sタイプ3.0V6」より48.6万円安い、529.4万円に価格を抑えた。
ボディペイントには、特別に4色のメタリックカラー--パシフィック(明るい紺)/カーニバル(ワインレッド)/プラチナ(銀)/エメラルド(緑)--が用意される。アルミホイールは、3.0V6と同じ16インチながら、専用の「Spirit」デザインが採用された。また、トランクリッドに、「GOODWOOD」バッヂが付くのもスペシャルだ。

18インチとCATSサスで足まわりをキメた「Sタイプ3.0V6スポーツ」でハードなスポーティ派に訴求する一方、より廉価な限定モデルで、顧客層の拡大を図る。本国では、ファブリック内装のカタログモデルがラインナップされるから、「グッドウッド……」の人気如何では、日本でも布シートのジャガーが定着するかもしれない。

なお、モデル名のグッドウッドは、ロンドンから80kmほど南西に下ったサセックス州チェスターという街にあるサーキット「Goodwood Motor Circuit」に由来する。1950から60年代にかけ、ジャガーCタイプやDタイプが、この地で活躍したのである。

(webCGアオキ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る