マツダ「AZ-ワゴン」に特別仕様車

2001.02.28 自動車ニュース
 
 
010228_046.gif

マツダ「AZ-ワゴン」に特別仕様車(2/28)

マツダは、スズキ・ワゴンRのOEMモデル「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「FM-G」「FM-TX」を設定、2001年2月27日に発売した。

「FM-G」は、0.66リッター直3DOHC VVT(可変バルブタイミング機構)付きエンジン(54ps/6.4kgm)搭載のベーシックグレードに、エアコン、AM/FMラジオ付きカセットステレオ、キーレスエントリーを付与しつつ、価格を最廉価グレードより8.1万円(ATは7.1万円)安く設定、お買い得仕様としたモデルだ。
価格は、2WDの5MT車が91.4万円、4ATは99.9万円、4WDは5MT車が102.6万円、4AT車が111.1万円。

いっぽう「FM-TX」は、SOHCターボ(60ps/8.5kgm)を載せた中堅グレード「FM-T」をベースに、異形4灯ハロゲンヘッドランプ、アンダースポイラー(フロント/サイド/リア)、ルーフスポイラー、アルミホイールなどを装備、スポーティさを演出した特別仕様車だ。ベース車には設定されていない2DINサイズのMD/CDプレイヤー付きAM/FMカセットステレオ+4スピーカーが備わる。
ベース車プラス6.9万円で、2WD車が127.9万円、4WD車が139.1万円。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る